「はやぶさ2折り鶴1000羽折るぞ!」プロジェクト、1000羽達成!

ブログ

10月23日に開始した「はやぶさ2折り鶴1000羽折るぞ!」プロジェクトは、本日12月1日、1000羽達成しました!
ご協力ありがとうございました。
まもなく地球に帰還する「はやぶさ2」を、みなさんと一緒に見守りたいと思います。
年明けくらいまで飾っておきますので、ぜひ見に来てくださいね。
  

吉住千亜紀(プラネタリウム担当)

超密!メジロの露天風呂

ブログ

密を避ける毎日に少し慣れてきたような、寂しいような人間世界ですが、小鳥の世界は超密!
美術博物館東側(休憩室外)に、鳥たちのための水場や餌場(冬期のみ)を準備しています。
そこで激写されたのがこの写真。鳥たちは寒い季節でも水浴びが大好きなようです。

写真:米山富和(自然分野担当専門研究員)

吉住千亜紀(プラネタリウム担当)

「はやぶさ2ステッカー」プレゼント

ブログ

小惑星探査機はやぶさ2が12/6未明に地球に帰還するのに合わせ、12/5(土)、6(日)にプラネタリウムをご覧いただいたみなさまに、はやぶさ2ステッカーをプレゼントいたします。はやぶさ2の地球帰還と新たな旅立ちを一緒にお祝いしてください!


※このステッカーは、3月に計画していたプラネタリウムまつり(延期の後オンラインイベントに変更)で配布を予定していたステッカーで、最新の再突入カプセル回収隊のステッカーではありません。

吉住千亜紀(プラネタリウム担当)

「現代の創造展」のこんな見方

ブログ

「現代の創造展」はもうご覧いただいたでしょうか。
様々な分野のアートが勢揃いの創造展は、私も毎年楽しみにしています。
そこで今日はおすすめの見方をご紹介します。

それは、違う時間に見てみる!こと。

1Fロビーに展示中の「カガミシリーズ2020」(山内孝一氏)
昼間



いかがですか? 全然雰囲気が違います。
外が暗くなって、館内の照明が消えかけの微妙なタイミングでしか見られませんが、この作品は外からも見えるので、ぜひご覧いただきたいなぁと思ってご紹介しました。

吉住千亜紀(プラネタリウム担当)

「はやぶさ2折り鶴1000羽折るぞ!」プロジェクトに参加希望のみなさまへ

ブログ

「はやぶさ2折り鶴1000羽折るぞ!」プロジェクトにたくさんのご参加ありがとうございます。
また、遠方から参加したいとお問合せをいただいております。
最初のブログで紹介しました(株)きら様のWebサイトにも型紙はありますが、飯田市美術博物館の名前が入った型紙PDFファイル(A4)を公開いたしますので、参加希望の方はダウンロードしていただき、A4用紙に印刷して、切って折って、折り鶴を美術博物館までお送りください。
お手数をおかけいたしますが、みなさまのご参加、お待ちしています。

A4たて_表面 折り鶴 飯田市美術博物館(PDF)

吉住千亜紀(プラネタリウム担当)

プラネタリウムのうれしい出来事

ブログ

今日はうれしい出来事が2つありました!

①「はやぶさ2折り鶴1000羽折るぞ!」プロジェクトで、折り鶴が500羽を突破しました!

②「飯田・宇宙教育」スタンプラリーのスタンプカードが新しくなって初めての10個達成の方がでました!
飯田市在住の方ということで、ぜひ2回目3回目と目指していただきたいと思います。ありがとうございます!

吉住千亜紀(プラネタリウム担当)

「はやぶさ2折り鶴1000羽折るぞ!」プロジェクト その後

ブログ

「はやぶさ2折り鶴1000羽折るぞ!」プロジェクト、本日407羽になりました!
美術博物館以外でも、かざこし子どもの森公園、おもしろ科学工房(おいで館)、動物園、図書館、かわらんべでも参加できるようになりました。ぜひご参加ください。(折り紙がなくなったら終わりなので、ご希望の方はお早目に!)

今日は、初代はやぶさを応援するために作られた組曲「LULLABY OF MUSES」(CD)のボーカリスト中谷泰子さんからも折り鶴が届きました。ライブでみなさんで折ってくださったとのこと。ありがとうございます!

床にビニールテープで描いた実物大はやぶさ2の大きさ

はやぶさ2本体部分に折り鶴を入れていきます。みんなの愛ではやぶさ2をいっぱいにしたい!

吉住千亜紀(プラネタリウム担当)

 

「はやぶさ2折り鶴1000羽折るぞ!」プロジェクト始動

ブログ

小惑星探査機はやぶさ2の地球帰還の日が迫ってきています。
今回はオーストラリアに行ける状況ではないので、飯田からいろいろ応援しています。
(※はやぶさのときはオーストラリアから中継しました。)

そこで本日、新応援プロジェクトとして、「はやぶさ2折り鶴1000羽折るぞ!」プロジェクトを勝手に立ち上げました。
紙は美術博物館プラネタリウムで用意しましたので、一緒に折って応援してくださる方を大募集!
みなさんのご参加をお待ちしています。(プラネタリウム担当までお声をかけてください。)
※折った鶴は持ち帰れません。

※型紙は「株式会社きら」さんのWebサイトで紹介されているものを使用しています。

吉住千亜紀(プラネタリウム担当)

カウントダウン

ブログ

小惑星探査機はやぶさ2の地球帰還まで、いよいよ2か月を切りました。
ということで、カウントダウンパネルを作成!
みなさんからの応援メッセージも引き続き募集しています。
美術博物館へお越しの際は、ぜひ2Fプラネタリウムロビーにもお立ち寄りください。
(ロビーだけなら無料ですよ。)

吉住千亜紀(プラネタリウム担当)

 

【アサガオ日記】初収穫?

ブログ

本日、茶色くなっていた宇宙アサガオの種をとりました。
最終的にどれくらいとれるのか、楽しみです!
来年は2Fテラスの窓いっぱいにアサガオを増やせるかなぁ!?

吉住千亜紀(プラネタリウム担当)