12月5日■プラネタリウム特別投影「小惑星探査機はやぶさ2 〜太陽系の起源を探る大いなる冒険〜」

プラネタリウム トップニュース


いよいよ12月6日未明に地球帰還を果たす小惑星探査機はやぶさ2は、小惑星リュウグウのサンプルが入ったカプセルを地球に放ち、再び小惑星に向かって旅立ちます。

はやぶさ2のこれまでを振り返って、みんなではやぶさ2を応援しましょう!

日時:2020年12月5日(土)午後4時〜4時25分
場所:飯田市美術博物館プラネタリウム天歩
参加費:無料
定員:45名(先着順、当日、午前9時30分から整理券を配布します。)
番組上映協力:関西テレビ放送(株)、コニカミノルタプラネタリウム(株)、和歌山大学

※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。
※新型コロナウイルス対策の状況等により、お知らせした内容が変更になる場合があります。

チラシPDF⇒201205はやぶさ2特別番組投影

12月19日■自然講座「草地に生きるカヤネズミ」(要申込)

講座 トップニュース


講師:黒江美紗子さん
(長野県環境保全研究所研究員)

日時:2020年12月19日(日) 午後1時30分〜3時
会場:美術博物館 講堂
定員:50名(申込先着順)
申込方法:12月5日(土)午前9時30分より電話(0265-22-8118)で申し込み

【内容】
草に巣を作る小さなネズミに、みなさんは出会ったことがあるでしょうか?
姿を見るのはとても難しいですが、子育て用にお母さんネズミが作る丸い巣には、鳥の巣とはまた違った趣があります。長年かけてわかってきたカヤネズミの子育てから、まだ研究中の冬の過ごし方まで、小さなネズミを通した草地の世界をのぞきに来てください。

チラシPDF⇒201219自然講座

12月12日■自然講演会(オンライン)「資源開発における金属鉱床学」(要申込)

講座 トップニュース

新型コロナウイルスの感染拡大により講師の来館が難しくなったため、講演会はオンラインでおこないます。
当日、石山先生には秋田でご講演いただき、そのライブ映像を美術博物館講堂でスクリーンに映してご聴講いただきます。
講演後、質疑応答の時間を取ります。

今回は、個々の聴講者へのオンライン配信はおこないません。

講師:石山大三さん(秋田大学大学院国際資源学研究科 教授)

日時:2020年12月12日(土) 午後1時30分〜3時
会場:美術博物館 講堂
定員:50名(申込先着順)
申込方法:11月28日(土)午前9時30分より電話(0265-22-8118)で申し込み

【内容】
私たちの生活には種々の金属元素が不可欠です。これらの元素は地球の中の鉱床(有用鉱物の濃集体)を探査・採掘・精製(選別・製錬)することで利用可能になります。
現在の自然探査には、地表には兆候が認められない鉱床の発見が求められています。そのためには、鉱床のでき方(鉱床の成因)を理解する必要があります。鉱床成因の理解が果たす役割と、いくつかの鉱床の成因について説明します。

チラシPDF⇒201212自然講演会