柳田国男没後60年

ブログ

民俗学の創始者として知られる柳田国男が昭和37年8月8日に亡くなって今年で60年になります。

 飯田市美術博物館の付属施設である柳田國男館は、国男が明治34年(1901)旧飯田藩士の柳田家に養嗣子入りした縁により、東京の成城にあった柳田の書斎兼住居を平成元年(1989)に移築した建物です(平成28年に国の有形文化財に登録)。

 柳田と飯田との縁は単に旧飯田藩士の家に養子入りしたことにとどまりません。ある時には国家官僚として飯田を訪れ、民俗学の研究に本格的に進んだのちは飯田下伊那の郷土史家たちと交流し、様々な影響をもたらしました。特に、昭和11年(1936)には飯田の山村書院から『信州随筆』を出版しています。これは、柳田の著作のなかで唯一、初版が地方出版社から刊行されたものとされています。

 国男が養子入りした柳田家は、藩主堀家が下野烏山城主だった時代からに仕えてきた家柄です。今年はその堀家が飯田に入部して350年の節目の年でもあります。柳田國男館では柳田家への養嗣子入りにはじまる柳田国男と飯田にまつわる資料を展示しています。

(民俗担当)

宇宙朝顔④ 一気に季節がすすみました!

プラネタリウム ブログ

 

プラネタリウムの宇宙朝顔。すっかりブログ更新がご無沙汰でした。すみません。

早くつるが伸びないかと期待していたら、成長の良い1本目がのびはじめました。

 

6.29撮影

つるが伸び始めました。暑くてしおれています。

一本目の伸びの良かったアサガオは未だ咲きません。

8.7撮影

今日から立秋。最近のアサガオ。数日前から一気に咲きだしました。

2度目の梅雨もどきを経て「夏」に気が付いたようです。(^^♪

 

私も連日の暑さにへたっておりましたところ、アサガオさんの花に励まされブログ更新いたしました。m(__)m

(プラネタリウム係 Y・M)

 

 

【春草展示第36期】ミニ解説①初期朦朧体の彩

ブログ

7月30日から、菱田春草記念室 第36期展示

彩の魅力-春草の色彩表現-

がはじまりました!

今回の展示は、春草の作品の中から、色彩研究に焦点をあてて、各時期の色の特徴があらわれた作品を集めました。色を重ねてぼかす表現の結果、混濁した色彩表現となった初期の朦朧体。画面の明瞭化を模索する後期の朦朧体。そして米欧遊学後の西洋の色彩理論の研究。こうして春草は、朦朧体の表現に鮮やかな色彩を取り入れていきます。さらに晩年には装飾性を重視した作風に進み、色彩を効果的に用いるようになりました。

日本画の革新を目指し、探求の画業を歩んだ春草の、彩あざやかな作品がそろいます。

今回は、「初期朦朧体の彩」をあじわう作品をご紹介します。


菱田春草《林和靖放鶴図》
明治33年(1900) 飯田市美術博物館蔵

林和靖(りんなせい)は北宋期の詩人で、生涯を通じて仕官せず、西湖のほとり孤山のふもとに庵を設け世間と離れて暮らしていました。梅を植えて鶴を飼って愛でていたことから、「梅妻鶴子」とも称されます。春草は、林和靖の清高な生涯に心を寄せたらしく、同画題の作品を幾つも手掛けています。
画面右下に林和靖、左上方に一羽の鶴を配した対角線の構図は、南宋院体、画特に伝 徽宗《秋冬景山水図》(金地院蔵)の秋幅から影響を受けているでしょう。

明治30年代前半の春草は、墨の輪郭線を排し、色を塗り重ねぼかして描く空間表現に取り組みます。しかし混濁した色彩となり、批評界からは「不明瞭」「化け物」「鵺」など酷評を受けます。本作と同じ年に描いた《菊慈童》に対する批評では、象徴的な「朦朧」の言葉も出てきました。
日本美術院の同志とともに研究と挑戦を重ねた日々。日本画伝統の筆法をやめ、西洋美術の写実性(時に空間であったり陰影であったり)を取り入れ、思想や情感をこめた新しい時代の日本画を描く。そんな春草たちの革新は、当時としてはあまりに斬新すぎたのでしょう。
いまの眼で朦朧体の最初の壁「混濁した色彩」についてみると、本作の淡い中間色の青色は、湿潤な空気や山中の風情の描出に効果的に用いられているように感じます。

この場所の空気はどのような感じか。世間の喧騒から離れた林和靖が、羽ばたく鶴をゆったりと眺める気持ち。鶴の視線でみるこの景色。春草が作品に込めた思いや意志とは。作品の前でゆっくりと、いろいろに想像を膨らませながらご覧ください。

菱田春草記念室 常設展示 第36期 彩の魅力-春草の色彩表現-は8月28日まで。春草の色の探求をぜひご覧ください。

(美術部門:加納向日葵)

7月30日~■プラネタリウム投影変更のお知らせ

プラネタリウム インフォメーション トップニュース

プラネタリウム投影変更のお知らせ
(令和4年7月29日17:00更新)

長野県の新型コロナウイルス感染症・感染警戒レベルに伴い、7月30日(土)より、プラネタリウムの投影時間および定員を変更します
引き続き感染症対策を行いながら投影をいたしますので、
夏番組をお楽しみください。

https://www.iida-museum.org/planetarium/

【春草展示第35期】ミニ解説⑤未完成作をくらべてみる

ブログ


菱田春草記念室
 第35期展示

墨の情趣-春草の水墨表現-

の展示を、テーマを設けて数回にわたってお伝えしています。

これまでの内容は下のリンクからご覧いただけます。
【春草展示第35期】ミニ解説①墨の情趣
【春草展示第35期】ミニ解説②朦朧体期の水墨表現
【春草展示第35期】ミニ解説③クローズアップ!高士訪友図
【春草展示第35期】ミニ解説④春草は何を参考にしていた?

5回目の今回は、春草の資料類から未完成作をとりあげ、比べることでみえてくる制作の様子を紹介します。

今期の展示室では、水墨表現にまつわる資料類を紹介する一角を設けています。
そこに、何やら似たような未完成作が3幅。

右から
菱田春草《雨中山水》(未完)  明治30年代頃 本館蔵
菱田春草《山水》(未完)  明治40年代頃 下伊那教育会蔵(本館寄託)
菱田春草《雨後の山》(未完)  明治40年代頃 本館蔵

まず1つ目、《雨中山水》は明治30年代の朦朧体期の作例です。画面全体にぼかしを用いており、墨色のみで湿潤な空間をあらわしています。墨のグラデーションからは、多様な色彩が感じられます。

真ん中にある、《山水》は明治40年代、画面の明瞭化を重視した時期の作例です。遠景の樹木には点描表現も用いています。となりの《雨中山水》と画題としてはほぼ同じであり、ともに墨を基調としていますが、制作年代で表現の違いを確認できます。

左の《雨後の山》は、《山水》の構図をやや改め、樹木には緑色を加えています。

並べて展示してみたかったんです…!いずれも、湿潤な空気に包まれた山と木々が描かれている同じ画題の未完成作。比べることで時代ごとの描き方のちがい、短期間での表現の工夫の変化、いろいろとみえてきます。

そして、《山水》《雨後の山》を経た完成作と考えられる作品が、《夏山雨後》(明治42年頃 播磨屋本店蔵) です。(今回この作品の展示はありません。) 実景らしさをもちつつ装飾性をつよめた構図をとり、明瞭な色彩も加わり、晩年の春草らしい作になっています。未完成作と比べることで、構図の変遷がわかります。その試行錯誤の様子と、妥協を許さない春草の制作姿勢もうかがえます。

春草は、綿密な写生や構想の後、大下絵(完成作と同じサイズの下絵)無しの一発勝負で描くことが多い画家でした。そのため、このようにいくつもの反故作(途中で描くのをやめた作品)が残っています。春草の作品から時折感じる凛とした空気というか、緊張感というか、そういったものは、制作姿勢からも出ているのかな、とふと思うことがあります。

ところで反故作は本来画家が表に出さないものなので、こうして熟覧し、展示し、皆様にどんどんご紹介していると、春草さんに静かに怒られそうな気がしないでもないのですが、せっかくなので貴重な資料としてありがたく、たのしくみたいと思います。

菱田春草記念室 常設展示 第35期 墨の情趣-春草の水墨表現-は7月24日まで。7月30日からは第36期 彩の魅力-春草の色彩表現-も始まります。展示室が一気に色鮮やかになりそうです。雰囲気の異なる2つの展示ともぜひご覧ください。

(美術部門:加納向日葵)

8月28日■自然講座「伊那谷の領家帯を中心とした鉱物と岩石」(要申込)

講座


講師:手塚恒人さん(伊那谷自然友の会)

日時:2022年8月28日(日曜日)午後1時30分〜3時
会場:美術博物館 2階 講堂

定員:30名(申込先着順)
申込:8月13日(土)午前9時30分から電話(0265−22−8118)で受付。
*聴講は無料です。

【内容】
飯田下伊那の領家帯から、コランダムや十字石など学術的に貴重な鉱物や、マグマの冷却過程を探ることができる苦鉄質岩体などが見つかりました。それらの中から、3点ほどについて、今わかっていることをスライドを交えてお話しします。

8月21日■文化講座「柳田国男と飯田」(要申込)

講座

講師:近藤大知(本館学芸員)

日時:2022年8月21日(日)午後1時30分〜3時
会場:美術博物館 2階 講堂

定員:30名(申込先着順)
申込:8月6日(土)午前9時30分から電話(0265−22−8118)で受付。
*聴講は無料です。

【内容】
民俗学の創始者柳田国男がなくなってから今年で60年になります。本講座では、旧飯田藩士柳田家に養子入りしたことをきっかけにしてできた柳田国男と飯田との関わりを紹介します。

8月21日■電子顕微鏡観察教室 

イベント

日時:2022年8月21日(日)
   午前11~12時
会場:美術博物館 科学工作室
担当:川谷文子(地質・古生物担当)

電子顕微鏡で微の世界をご覧いただけます。
電子顕微鏡公開のほか、伊那谷の自然に関する相談などにも応じています。

*申込み不要。
*参加には展示観覧券が必要です。

8月13.14日■追手町小学校化石標本室

イベント トップニュース

長谷川善和博士(飯田市千代出身)が収集した化石や骨格標本を展示しています。地元伊那産の化石の他に、世界の化石を見ることができます。

日時:2022年8月13日(土)、14日(日) 午前10時~午後4時
会場:追手町小学校化石標本室(追手町小学校西側道路より入室)

申し込み不要、観覧無料です。開室中はいつでもご覧いただけます。

8月11日■無料開館日です

イベント トップニュース

2022年8月11日(木・祝)は、飯田市美術博物館の無料開館日です。
どなたでも無料で展示をご覧いただけます。

夏休みを美術博物館でお楽しみ下さい!

飯田市内の4施設を巡るスタンプラリーも開催中です。ぜひご参加下さい。
➡ 7月16日~8月31日■美博・考古・遠山郷 4館スタンプラリー開催!


*2022年8月31日までは、中学生以下の展示観覧が無料です。
*当日開催予定であった「ワクワクびはくで夏休み2022」は長野県新型コロナウイルス感染症・感染警戒レベルが5のため中止となりました。楽しみにしていただいた皆様には申し訳ございません。