5月14日〜■プラネタリウム投影を再開します

プラネタリウム インフォメーション トップニュース

飯田市の感染症対策の規制変更にともない、長い間閉室が続いていましたプラネタリウムを、2022年5月14日(土)から再開いたします。定員、投影時間等の変更がございますので、事前の確認をお願いいたします。

<長野県の感染拡大警戒レベル5のとき>

【一般投影】
2022年5月14日(土)からの土、日、祝日
定員:各回30名(先着順)

10:00〜10:30 あーしたてんきになあれ(幼児向き)
13:30〜14:10 ガイアの銀河

予約は不要ですが、投影開始5分前までに受付でチケットをお買い求めください。
(観覧料:小中学生50円、高校生150円、一般250円)

【予約投影】
2022年5月19日(火)*からの平日10:00〜17:00(休館日を除く)
*ただし、希望日の3ヶ月〜1週間前に予約が必要です。

定員:1回45名
詳しくは電話でご相談ください(0265-22-8118)。

 

5月30〜6月7日■臨時休館のお知らせ

インフォメーション トップニュース

収蔵資料の燻蒸作業のため、下記の期間は臨時休館となります。
美術博物館敷地内も立ち入り禁止となりますので、ご注意下さい。

臨時休館:2022年5月30日(月)〜6月7日(火)


この期間は、FAXやe-mailへの対応、図録等の発送なども休止いたします。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお、電話につきましては、定休休館となります5月30日(月)・6月6日(月)以外は通常通り対応いたします(電話機の数が減るため、電話がつながりにくい場合があります。その際は少しお時間をあけて再度おかけ直し下さい)。

令和3年度 藤本四八記念小中高校生写真賞の応募写真返却

インフォメーション

令和3年度藤本四八記念小中高校生写真賞
応募者の皆さん 保護者の皆様

たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。
作品をお返しいたしますので、
大変お手数ですが、美博までお越し下さい。
学校を通して応募いただいた作品は
学校経由でお返しいたします。

昨年度は、コロナ禍のため、全作品を展示する機会がほとんどありませんでしたが、
今年度も、写真賞を企画しております。
詳細は後日お知らせいたします。
奮ってご参加下さい。

<返却時間> 
開館日の午前9時半〜午後5時

令和4年度 古文書講座「ゼロから始める古文書」受講者募集

インフォメーション

はじめて古文書に触れる全くの初心者を対象とした、古文書学習の“超”入門編です。くずし字の読解よりもテキストの背後に広がる豊穣な歴史の案内に重きを置きながら、時には古文書の取り扱い方などもレクチャーします。狭い意味での“古文書”だけでなく文字資料全般をテキストとします。

日  時:

◎Ⅰ 班: 毎月第1水曜日
◎Ⅱ 班: 毎月第3土曜日

時間はいずれも午前 10 時~11 時 30 分
2班に分けて、それぞれに毎月開催します。聴講をご希望される方はどちらかに登録ください。ただし、月ごとの講座内容はほぼ同じですので、ご都合が悪い場合は、もう一方にご参加いただけます。

受 講 料: 100 円(1回ごとに徴収します)

講  師: 歴史研究所、美術博物館職員

定  員: 先着 20 名(年間通じて受講できる方)

会  場: 美術博物館講堂

主  催: 歴史研究所、美術博物館

申込方法:チラシに添付された申込用紙に記入の上、美術博物館受付にご提出ください

申込期間: 令和4年4月5日(火)~4月 24 日(日)
問い合わせ: 飯田市美術博物館
〒395-0034 飯田市追手町 2-655‐7  TEL0265-22-8118 FAX0265-22-5252

R4ゼロから始める古文書(チラシ)

【申込受付終了】令和4年度「城下町サポーター」養成講座受講者募集

インフォメーション

城下町飯田を題材に、楽しく学びの輪を広げていきませんか。
飯田市美術博物館では、この秋に特別展「城下町飯田と飯田藩」を開催します。この機会に城下町飯田のなりたちから人びとのくらしぶりなどについて学び、見学会や展示解説のガイドができるまでを目指します。わたしたち美術博物館の職員も、皆さんといっしょに身近な町に対する愛着を育んでいきたいと思います。

日時・内容:

令和 4 年 5~11 月の間で全 8 回の講座、見学会、ワークショップを開催します。応募方法などくわしくは別添の申込書をご覧ください

応募資格:(途中参加不可)

・高校生以上で健康な方
・飯田の歴史や飯田城・城下町に関心のある方
・博物館の事業に積極的に関わる意欲のある方
・原則として年間を通じて毎回行事に参加できる方
※未成年者は保護者の同意が必要となります

定  員: 先着20 名(年間通じて受講できる方) →定員に達したため、申込受付を終了しました(4/7記 ※追加募集の予定はありません)

参 加 料 : 無料

コーディネーター: 美術博物館職員ほか

そ の 他:

・保険に加入していただきます(加入金は主催者側で負担)
・グループでお申し込みの場合、参加人数を調整させていただく場合があります
・応募者多数の場合はお断りさせていただく場合もあります

 

城下町サポーター養成講座申込書

2022年度 菱田春草作品の展示がない期間

インフォメーション

下記期間は、作品入れ替え作業等のため、菱田春草作品の展示はございません。
あしからずご了承ください。

【2022年】
・4月26日(火)〜28日(木)
・6月8日(火)〜10日(金)
・7月26日(火)〜29日(金)
・8月30日(火)〜9月2日(金)
・10月4日(火)〜7日(金)
・11月8日(火)〜11日(金)
・12月13日(火)〜28(水)*12月17日(土)〜28日(水)は複製画の展示のみとなります。

【2023年】
・1月4日(水)〜2月10日(金)
*1月4日(水)〜2月5日(日)は複製画の展示のみとなります。
・3月15日(水)〜17日(金)

2022年 菱田春草常設展示室 展示予定作品の紹介

インフォメーション

飯田・仲ノ町に生まれた菱田春草(1874~1911)は、東京美術学校を卒業後に日本美術院に参加し、理論家・岡倉天心の指導のもとで研鑽にはげみました。彼の試みた「朦朧体」などの画風は多くの画家に影響を与えており、日本画の近代化に大きな足跡を残しています。本年度の菱田春草常設展示では春草の画業を時代ごとに紹介し、画風の変遷をたどります。

第33期 春草と綿五原家コレクション
2022年3月26日(土)~4月24日(日)
・菱田春草《布袋の図》
・富岡鉄斎《浪合神社図》

第34期 美術学校での学び -春草の基礎学習-
2022年4月29日(金・祝)~5月29日(日)
・菱田春草《牧童》
・菱田春草《鎌倉時代闘牛の図》

第35期 墨の情趣 -春草の水墨表現-
2022年6月11日(土)~7月24日(日)
・菱田春草《秋郊月夜の図》
・菱田春草《高士訪友図》

第36期 彩の魅力 -春草の色彩表現-
2022年7月30日(土)~8月28日(日)
・菱田春草《霊昭女》
・菱田春草《帰樵》

第37期 菊慈童に迫る -春草と朦朧体-
2022年9月3日(土)~10月2日(日)
・菱田春草《菊慈童》
・西郷孤月《春景山水》

第38期 故郷の足跡 -春草と飯田-
2022年10月8日(土)~11月6日(日)
・菱田春草《白衣観音》
・横山大観《菱田春草誕生之地》

第39期 西洋美術との出会い -春草の海外遊学-
2022年11月12日(土)~12月11日(日)
・菱田春草《鹿》
・菱田春草《夕の森》

第40期 画家たちの研鑽 -春草と美術院-
2023年2月11日(土)~3月12日(日)
・菱田春草《湖辺飛雁》
・横山大観《海濱の月》

第41期 面白味を求めて -春草の装飾表現-
2023年3月18日(土)~4月16日(日)
・菱田春草《花あやめ》
・菱田春草《春秋》

2022年 安富桜開花状況

インフォメーション


▲過去の満開時の写真(今の状態ではありません)

【開花状況】

3月27日(日)晴【午前】つぼみ  【午後】一部の枝で開き始め
3月28日(月)晴のち曇 開花 
3月29日(火)曇 1分咲き
3月30日(水)晴【午前】2分咲き 【午後】5分咲き
3月31日(木)曇 満開
4月1日(金)曇のち晴 満開
4月2日(土)晴 満開
4月3日(日)雨 満開
4月4日(月)曇のち晴 満開
4月5日(火)晴 満開
4月6日(水)晴 満開
4月7日(木)晴 散り始め
4月8日(金)晴 落花盛ん
4月9日(土)晴 落花盛ん
4月10日(日)晴 ほぼ咲き終わり
4月12日(火)晴 葉桜

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

安富桜ライブカメラ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::