5月26日■文化講座「柳田國男と昔話研究」

トップニュース 講座

090526文化講座

講師:小澤俊夫さん(筑波大学名誉教授・小澤昔ばなし研究所所長)

日時:2019年5月26日(日) 午後1時30分~3時15分
会場:美術博物館講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
昔話やメルヒェンの口承文芸を専門とする小澤先生に、柳田國男との出会いや昔話研究について語っていただきます。

チラシPDF⇒190526小澤俊夫さん講座

5月25日■自然講座「南アルプスの岩石のでき方」

トップニュース 講座

s-190525自然講座

講師:村松 武(美術博物館専門研究員)

日時:2019年5月25日(土) 午後1時30分~3時
会場:美術博物館講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】南アルプスから流れてくる川には、赤・緑・黒などのカラフルな石が転がっています。これらの石ころがどこで、どのようにできたかを明らかにし、それらが何を物語っているのかを探ってみます。

チラシPDF⇒190525自然講座

4月21日■電子顕微鏡観察教室

講座

日時:平成31年4月21日(日) 午前11~12時、午後2時~3時
会場:科学工作室
担当:四方圭一郎(生物担当)

電子顕微鏡公開のほか、伊那谷の自然史に関する相談などにも応じています。

*参加には展示観覧券が必要です。

4月13日■自然講座「野底川の押し出しと”さかさ流れ”」

講座

s-190413自然講座

講師:松島信幸さん(飯田市美術博物館顧問)

日時:平成31年4月13日(土) 午後1時30分~3時
会場:美術博物館講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
″さかさ流れ″は天龍川上流へ向かう野底川末端の流れです。風越山より奥から発して天龍川へ下る初期の砂礫は、風越高校のある高台をつくり、中央道より下では飯田市街地や上郷の人里、住宅地と、さらにその先に田園をつくりました。そこには、さかさ流れの水田が出現しています。さかさ流れは飯田地方最大の天神塚古墳を取り巻いています。

チラシPDF⇒190413自然講座

4月7日■電子顕微鏡観察教室

講座

日時:平成31年4月7日(日) 午前11~12時、午後2時~3時
会場:科学工作室
担当:村松 武(地質担当)

電子顕微鏡公開のほか、伊那谷の自然史に関する相談などにも応じています。

*参加には展示観覧券が必要です。

3月10日■県立歴史館の信州学出前講座in飯田「田中芳男-博物館の父は飯田から羽ばたいた」

講座

平成31年3月10日(日)午後1時30分~3時10分

講        師: 青木 隆幸 氏(飯田OIDE長姫高等学校教諭、前長野県立歴史館学芸部長)
会        場: 飯田市美術博物館 講堂
定    員: 100人
聴        講: 無料 事前申込み不要

長野県立歴史館の職員が、信濃の歴史を最新の研究成果をもとにわかりやすく解説いたします。今回は、“日本の博物館の父”と呼ばれ、日本の近代化に日本の近代化に力を尽くした飯田出身の偉人・田中芳男(1838-1916)の誕生の秘密に迫ります。

20190310講座チラシ_s

 

3月9日■防災講演「72時間サバイバル ~知っておきたい10のこと~」

プラネタリウム 講座

201903震災特別投影チラシ
講師:林 美由貴 さん
(南風舎主催、自然体験型教育プランナー)

日時:平成31年3月9日(土)午後2時30分~4時
会場:美術博物館講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】突然襲ってくる様々な災害。その時、私たちは何ができるのでしょうか?
知っているようで実は知らないことがいっぱいの災害現場の実際を紹介します。身近にある新聞紙や段ボールを使って、災害現場で役に立つ便利グッズを一緒に作ってみましょう!

チラシPDF⇒201903震災特別投影

3月2日■自然講座「進化の中で現れた、植物と昆虫の切っても切れない縁」

講座

190302自然講座
講師:高野宏平さん(長野県環境保全研究所)

日時:平成31年3月2日(土) 午後1時30分~3時
会場:美術博物館講堂
聴講無料・申込み不要

内容:あなたは里芋が好きですか? 私は大好きです。特にイカとの相性は抜群です。飯山市木島の坂井芋、木曽・上伊那・下伊那のあかたつ(唐芋)、駒ヶ根市(上赤須)の赤須さといもは、信州の伝統野菜としても認定されています。今回はそんな里芋(とサトイモ科植物)の進化と生態に隠された、昆虫との深~い関係を紹介します。

チラシPDF⇒190302自然講座

2月23・24/3月9・10日■日本画実技講座「日本画の基礎と表現技法」(要申込)

講座

滝沢具幸館長による、日本画初心者からある程度の経験者まで、個々のレベルにあった指導を行う日本画の実技講座です。風景、人物、静物等自由、基礎技法から箔を使った表現などを学びます。今回は制作日数を増やして、少し大きめの画面に挑戦します。

講師:滝沢 具幸(日本画家・当館館長)

日時:※全4回の連続した実技講座です
平成31年2月23日(土)午後1時30分~午後4時40分/2月24日(日)午前9時40分~午後4時40分/3月 9日(土) 午後1時30分~午後4時40分/3月10日(日)午前9時40分~午後4時40分

対象:高校生以上(日本画初心者~経験者)
場所:美術博物館 科学工作室
定員:20名(定員を超えた場合は抽選)
参加費:2,000円(材料費別)
持ち物:(1)スケッチや下図等 題材は人物・風景・静物等自由(2)日本画用具(会場で購入可)10~20号程度の麻紙ボードか麻紙を貼ったパネル・画用木炭・チャコペーパー・新聞紙5~6枚・日本画道具一式(絵の具・胡粉・絵の具皿・筆洗・刷毛・筆・溶かした膠)[箔を使いたい場合]なるべく地塗りをして来る・箔 ・あかし紙・バレン・植物性ポマード・箔ばし・ シッカロール

申込方法:「日本画実技講座受講希望」と明記のうえ、住所、氏名、電話番号、日本画経験の程度を記入して、美術博物館までハガキかFAX(0265-22-5252)でお申し込みください。
申込締切:2月20日(必着)