新型コロナウイルス感染警戒レベル5にともなう、普及事業の中止・延期について

講座 インフォメーション トップニュース

新型コロナウイルス感染警戒レベル5にともなう、飯田市美術博物館主催の教育普及事業の中止・延期を以下にまとめました(2022年1月9日)。

【中止】1/15(土) 古文書講座
【延期】1/15(土) 藤本四八記念小中高校生写真賞受賞式
【オンライン】1/16(日) 自然講座「天竜川水系の魚たちのいま」 ◆受講申込
【中止】1/22(土) 自然講座「伊那谷に大災害を与えた167年前の東海地震」
【配信】1/29(土) 自然講座「南アルプスの形成 -1500万年前から現在まで-」 Youtubeで配信を予定
【中止】2/2(水) 古文書講座
【オンライン】2/5(土) 自然講座「温暖化と外来種が脅かす長野県の生態系」 1/22より申込受付

2月19日■自然講演会「日本のスミレ時空の旅」(要申込)

講座


講師:いがりまさし さん
(自然系映像音楽作家)

日時:2022年2月19日(土)午後1時30分〜3時
会場:美術博物館 講堂
定員:50名(申込先着順)
申込:2月5日(土)午前9時30分から、電話で申込み(0265-22-8118)

【内容】
植物地理学的な視点を中心に、スミレを見ながら旅する面白さを語りたいと思います(講師より)。

チラシPDF⇒220219自然講演会

【オンライン講座に変更】2月5日■自然講座「温暖化と外来種が脅かす長野県の生態系」(要申込)

講座 トップニュース

【お知らせ】
新型コロナウイルス感染拡大の収束が見通せませんので、2月5日(土)開催の自然講座「温暖化と外来種が脅かす長野県の生態系」は、zoomを使ったオンライン講座に変更いたします。聴講希望者は下記から(もしくはQRコードから)申込みフォームをひらき、お申し込みください。
お申込開始は、1月22日(土)からとなります。

◆お申し込みフォーム◆


講師:高野宏平さん
(長野県環境保全研究所研究員)

日時:2022年2月5日(土)午後1時30分〜3時
定員:90名(申込み先着順)
申込:1月22日(土)〜申込受付開始
聴講無料

チラシPDF⇒【申し込みフォーム有】220205自然講座

【配信に変更】1月29日■自然講座「南アルプスの形成 -1500万年前から現在まで-」

講座 トップニュース

新型コロナウイルス感染拡大警戒レベルが5となったため、この対面での講座はおこないません。
代わりにYoutubeでの配信を計画しております。(2022年1月9日)

1月29日(土)午後1時に、YoutubeのURLを美博HPのお知らせ欄にアップします。公開期間は2月28日(月)までです。この期間は、いつでも視聴いただけます。(1月20日追記)


講師:村松 武
(美術博物館専門研究員)

チラシPDF⇒220129自然講座

【中止】1月22日■自然講座「伊那谷に大被害を与えた167年前の安政東海地震」

講座

新型コロナウイルス感染拡大警戒レベルが5になったため、この講座は中止とさせていただきます。
(2022年1月9日)


講師:坂本正夫さん
(美術博物館客員研究員)

日時:2022年1月22日(土)午後1時30分〜3時
会場:美術博物館講堂
定員:50名(申込み先着順)
申込:1月8日(土)9:30から、電話で申込み(0265-22-8118)
聴講無料

チラシPDF⇒220122自然講座

【オンライン講座へ変更】1月16日■自然講座「天竜川にすむ魚たちのいま -移り変わる種類と変わらないもの-」(要申込)

講座

<重要なお知らせ>
新型コロナウイルスのさらなる感染拡大が予想されるため、1月16日(日)開催の自然講座「天竜川にすむ魚たち」は、zoomを使ったオンライン講座に変更いたします。聴講希望者は下記から(もしくはQRコードから)申込みフォームをひらき、お申し込みください。

申込はここをクリック

受講者は、講演開始時間5分前になりましたら、ご自分の端末(PC、タブレット、スマートフォンなど)で、申込時に送付されたzoomのURLにアクセスして、ご聴講ください。


講師:柳生将之さん
(㈱環境アセスメントセンター)

日時:2022年1月16日(日)午後1時30分〜3時
定員:90名(申込み先着順)
申込:申込みフォームから登録をお願いします(赤字部分:1月8日変更)。
申込はここをクリック
聴講無料

チラシPDF⇒220116自然講座

12月18日■自然講座「南アルプスの博物学」(要申込)

講座


講師:四方圭一郎
(飯田市美術博物館 学芸員)

日時:2021年12月18日(土) 午後1時30分〜3時
会場:美術博物館講堂
定員:50名(申込先着順)
申込:12月4日(土)午前9時30分から電話で申込み(0265-22-8118)

【内容】明治時代後半から、日本アルプスの高山帯で動植物の調査が精力的におこなわれました。そんな先人たちの足跡をたどりながら、2020年、2021年に訪れた鳳凰三山や荒川岳を中心に、南アルプスの高山植物や昆虫などを紹介します。

チラシPDF⇒211218自然講座

11月14日■文化講座「大日本実行会と伊那谷の世直しの思想」

講座

講師:松上清志氏(柳田國男記念伊那民俗学研究所事務局長、本館評議員)

日時:2021年11月14日(日) 午後1時30分〜3時
会場:美術博物館 講堂
定員:50名(申込先着順)
申込:10月24日(日)9時30分より電話(0265-22-8118)で受付

【内容】
明治の初めに不二道から平田国学の世直し思想を取り入れて成立し、伊那谷に広まった実行教。その活動の中心人物であった原九右衛門は、実行教を脱退し、1899年(明治32)に大日本実行会を創設します。この実行教から大日本実行会への移行を世直しの思想という視点から考えます。

講座配信■「東山道と伊那谷の古代仏教文化(4)」

講座 インフォメーション

全4回の解説番組です。今回で最後となります。

テーマ:「東山道と伊那谷の仏教文化(4)-伝教大師最澄が遺したもの-」

解 説:織田顕行(当館学芸員)

所要時間:13分23秒

※令和3年8月29日に予定されていた同タイトルの講演会が中止となったことによる、代替コンテンツです。