柳田國男館
開催中の展示と予告のご案内

第21回 現代の創造展
〜南信州のアートを共に創る〜

会期:2020年11月15日(日)〜12月6日(日)

チラシPDF⇒現代の創造展



▲現代の創造展展示室の様子

菱田春草常設展示 第25期
春草と飯田町

会期:2020年10月31日(土)〜12月6日(日)

菱田春草常設展第25期では、春草作品の紹介にあわせて、春草が育った飯田の風雅に焦点をあてます。当時の飯田の町は、文化の香りが豊かな町でした。特に書画骨董を愛する気風は、上伊那や東濃など近隣の地域にも知られ、「絵を見たければ飯田へ行け」とも言われたそうです。今回、展示する井村コレクションと岩崎新太郎コレクションは、飯田町でよく知られた商家の収集品で、京都の画家達の作品が中心となっています。春草が幼少を過ごした飯田町の美術と春草作品をお楽しみください。


竹内栖鳳《秋雨晩鴉図》


菱田春草《漁舟図》


菱田春草《富嶽》

人文トピック展示
鍋の考古学 -昔の人はどのようにコメを食べていたんだろう?-

会期:2020年11月15日(日)〜2021年2月28日(日)

展示テーマは「鍋」です。「この鍋でどんな料理を作っていたのか」「この道具はどんな使い方をするのか」などを、出土遺物に残された痕跡から考えてみたいと思います。

自然トピック展示
南アルプス石灰岩地の希少植物

会期:2020年6月16日(火)~12月6日(日)

南アルプスの西側に帯状に分布する石灰岩地には、希少な植物がたくさん自生しています。
伊那谷の生物多様性を高めることに寄与している、石灰岩植物を紹介します。


▲自然トピック展示「南アルプス石灰岩地の希少植物」の展示の様子

プラネタリウム天歩 Tempo

菱田春草コレクション

トップニュース

12月5日■プラネタリウム特別投影「小惑星探査機はやぶさ2 〜太陽系の起源を探る大いなる冒険〜」

プラネタリウム トップニュース

いよいよ12月6日未明に地球帰還を果たす小惑星探査機はやぶさ2は、小惑星リュウグウのサンプルが入ったカプセルを地球に放ち、再び小惑星に向かって旅立ちます。 はやぶさ2のこれまでを振り返って、みんなではやぶさ2を応援しまし […]

続きを読む

12月12日■自然講演会(オンライン)「資源開発における金属鉱床学」(要申込)

講座 トップニュース

新型コロナウイルスの感染拡大により講師の来館が難しくなったため、講演会はオンラインでおこないます。 当日、石山先生には秋田でご講演いただき、そのライブ映像を美術博物館講堂でスクリーンに映してご聴講いただきます。 講演後、 […]

続きを読む

続きを読み込む

これ以上は投稿がありません

ブログ「美博日誌」