柳田國男館
開催中の展示と予告のご案内

菱田春草常設展示第48期
《菊慈童》ー遙かなる山水ー

会期:2024年7月20日(土)〜8月18日(日)

令和6年度の菱田春草常設展示では春草の作品を画題ごとに紹介します。第48期は「山水画」。山や川などの風景を主題としますが、それは実景ではなく、心の中の理想世界を描くもので、東洋画に特有のジャンルです。岡倉天心から東洋と西洋の美術を調和させるよう指導を受けた春草は、どのように山水画を描いたのでしょうか。本展では《菊慈童》をはじめ、春草の山水画を紹介します。

 


菱田春草 《菊慈童》 明治33年(1900) 本館蔵


菱田春草 《林和靖放鶴図》 明治33年(1900) 本館蔵


菱田春草 《夕の森》 明治37年(1904) 本館蔵

特別陳列
飯田と富岡鉄斎

会期:2024年7月20日(土)〜8月18日(日)

 


富岡鉄斎《売かん者図》


富岡鉄斎《浪合神社図》


富岡鉄斎《浪合旧蹟図》


富岡鉄斎《蔬菜図》

美術コレクション展示
中村進 屏風を描く

会期:2024年7月20日(土)〜9月23日(月・休)

 
仲村進《春山暮霞》

 
仲村進《春愁山河》

 
仲村進《望郷の地》

旧小笠原家書院築400周年
伊豆木小笠原家と旧小笠原家書院

会期:2024年6月8日(土)~9月1日(日)

飯田市伊豆木の「旧小笠原家書院」は、国の重要文化財に指定される、江戸時代初期の貴重な木造建築物です。
ここは、江戸時代の旗本伊豆木小笠原家の居館として建てられたものです。

本展示では、この書院が伊豆木の地に創建されてから400年の節目にあたり、改めて伊豆木小笠原家を知ろうとするものです。
なお飯田市三穂地区では、旧小笠原家書院400周年を記念して令和6年度中にさまざまな行事が計画されています。

主催:飯田市美術博物館、旧小笠原家書院築400周年記念祭実行委員会
協力:小笠原資料館、飯田市文化財保護活用課、飯田市歴史研究所

自然トピック展示
南アルプスの高山蛾調査最前線!

会期:2024年3月9日(土)〜8月25日(日)

2016年から継続して調査してきた南アルプスの高山蛾を紹介したトピック展示です。
再発見や新記録など、8年間の調査で明らかになった最新情報をパネルと標本で紹介します。
2023年に南アルプスで発見されたばかりのコケモモマガリガや再発見されたカワベタカネヒメハマキなども展示しています(とても小さく地味が蛾ですが…)。

下記の期間には、2021年に53年ぶりに再発見され、新亜種として記載されたキタダケヨトウの標本も展示いたします。
キタダケヨトウ標本展示期間:2024年6月22日(土)〜8月25日(日)

【展示室の様子】

プラネタリウム天歩 Tempo

菱田春草コレクション

トップニュース

7月27日■特別投影「お誕生日星座と黄道12星座<夏> かに座・しし座・おとめ座」

プラネタリウム トップニュース

「お誕生日星座と黄道12星座〈夏〉」 日時:2024年7月27日(土)16:00〜16:45 会場:プラネタリウム天歩 申込不要・観覧料必要 お誕生日月の方は、プラネタリウムの受付にお申し出ください! お誕生日月以外の方 […]

続きを読む

続きを読み込む

これ以上は投稿がありません

ブログ「美博日誌」