開催中の展示と予告のご案内

美術コレクション展示「新時代の造形2 ー昭和・平成世代の日本画ー」

美術コレクション展示
新時代の造形2 ー昭和・平成世代の日本画ー

会期:2019年12月14日(土)~2020年2月11日(火・祝)

館所蔵のコレクションより、戦後、モダニズムの気風の中で、新しい造形をめざして生まれた日本画の作品をご紹介します。館蔵品の中から、高山辰雄に師事し日展で評価を重ねた仲村進(1929~2003)。創画会で活躍し伊那谷の人形芝居を絵画に取り込んだ大森運夫(1917~2016)、吉岡堅二の指導を受けて創画会で活躍する滝沢具幸(1941~ )の作品をご覧いただきます。

s-仲村進「地の風」
仲村進「地の風」

s-叢林図・Ⅱ
滝沢具幸「叢林図・Ⅱ」

新時代の造形2展示作品リスト

美術コレクション展示「須田剋太 -ひろがる造形ー」

美術コレクション展示
須田剋太 -ひろがる造形ー

会期:2019年12月14日(土)~2020年2月2日(日)

戦後、関西の前衛的気風のただ中で創作した須田剋太(1906~1990)は、貪欲に造形の枠を広げていきました。戦前より手がけていた油彩の具象画に平行して抽象画も描きはじめ、さらには書、陶芸の分野まで拡大していきました。あらゆる場面で造形の美を感じ、自分のものにしようとした剋太の芸術を見ていきます。

s-須田剋太「赤○」
須田剋太「赤○」

s-縄文記号
須田剋太「縄文記号」

須田剋太展示作品リスト

菱田春草常設展示「春草の名画の秘密3 複製画で探る」

菱田春草常設展示
春草の名画の秘密3 複製画で探る

会期:2019年12月14日(土)~2020年2月11日(火・祝)

飯田出身の日本画家、《武蔵野》《王昭君》《落葉》《黒き猫》の複製画を、飯田市立座光寺小学校、飯田市立旭ヶ丘中学校での鑑賞学習の成果とともに展示します。
鑑賞学習を通して名品と向き合った子ども達の気づきには、時に新鮮な視点を感じることがあります。

s-DSC_4694

s-DSC_4696

プラネタリウム天歩 Tempo

菱田春草コレクション

トップニュース

1月11日~2月11日■藤本四八記念 小中高校生写真賞作品展2020

インフォメーション トップニュース

飯田市美術博物館では、飯田下伊那の小中高校生を対象とした写真賞をおこなっています。本年度は58点の応募作品が集まりました。受賞作品とともに、応募いただいたすべての作品を美術博物館ロビーで展示します。 ◆受賞作品◆ 期間: […]

続きを読む

続きを読み込む

これ以上は投稿がありません

ブログ「美博日誌」