柳田國男館
開催中の展示と予告のご案内

美術コレクション展示
須田剋太 わたしの造型

会期:2021年7月17日(土)〜9月26日(日)

須田剋太は、明治39年(1906)に埼玉県に生まれました。画家を目指して東京美術学校の受験に4度も失敗しますが、寺内萬治郎の目に留まって光風会に出品し、さらに文展でも二度の特選を受けました。

その後、戦中を奈良で過ごし、戦後、西宮(兵庫県)に移り住んでゲンビ展に参加するなど前衛芸術に身を投じました。関西の前衛芸術をリードした長谷川三郎、吉原治良などと交流し、既成概念から離れた実験的な造形を展開しました。

しかし、吉原が中心となって設立された具体美術協会には参加せず、以降は、自身の芸術観にもとづいて旺盛な作家活動を展開しました。それは、心に留まった造型をエネルギッシュに追い続ける旅路でもありました。縄文時代の文様、飛鳥・白鳳の仏像、殷の青銅器、北魏の書、雪舟、円空仏、写楽、セザンヌ、ピカソ、ポロックなど、ありとあらゆる造型が剋太の創造をかき立てました。

当館では平成2年(1990)に初代館長・井上正との交流により、作者自身から抽象画・書・陶芸など459点の寄贈をいただきました。今回の展示では、抽象画作品を通して、“わたしの造型”をエネルギッシュに追い求めた須田剋太の世界をご紹介します。


須田剋太《二重奏》 昭和39年


須田剋太《無題 作品1960-O2》 昭和35年

作品リスト 2021年コレクション展示 須田剋太 わたしの造型 出品作品リスト

自然・文化トピック展示
三六災害から60年

会期:2021年6月15日(火)〜9月26日(日)

伊那谷を襲った大災害「三六災害」から、今年で60年となります。地球温暖化で気候が変動する中、伊那谷でも再び大災害がおきるかもしれません。今回のトピック展示は自然と文化の両方で災害を取り上げました。
自然展示室では、三六災害の時、伊那谷にどのように雨が降ったかを紹介し、それによって起きた災害とその原因を紹介します。
文化展示室では、三六災害と並ぶ大災害であった江戸時代の未満水について記録から読み解きます。また伊那谷の各地に残る災害伝承について紹介します。

【自然展示室】


【文化展示室】


【危機管理室出張展示】

没後110年特別展
菱田春草
-故郷につどう珠玉の名画-

令和3年10月9日(土)~令和3年11月7日(日)

 

令和3年(2021)は、菱田春草(1874~1911)の没後110年という節目の年にあたります。飯田市美術博物館では、これを記念した特別展を開催します。

 

 

菱田春草は明治7年に飯田・仲ノ町に生まれた日本画家です。飯田学校(現・飯田市立追手町小学校)を経て、東京美術学校(現・東京藝術大学)に学び、卒業後は日本美術院の結成に参加しました。岡倉天心の指導のもと、日本画の近代化をめざした研究をおこない、「朦朧体」などの画風を創出して日本画壇をリードします。しかし彼の作品は先鋭に過ぎたため世の理解が追いつかず、常に激しい非難にさらされました。ですが彼は信念を曲げず、理想とする日本画のありようを追求し続けます。春草は満36歳という若さで没しますが、彼の活動は以後の日本画の進むべき道すじを示し、また彼の作品は多くの人々を魅了しました。

本展では、重要文化財に指定されている《黒き猫》《賢首菩薩》《王昭君》を中心に、初期の大作《水鏡》、朦朧体期の《菊慈童》、晩年の六曲屏風《雀に鴉》など、学生時代から晩年にいたるまでの代表作48点を一堂に会します。特に《微笑》《水鏡》《黒き猫》などは、飯田市美術博物館では初めての展示となります。また、生誕地・飯田ならではの企画として、制作途上で中断した大作《雨中美人》などの未完成作品や、作品制作のために描いたスケッチ・下絵類も紹介します。
故郷・飯田に集結した珠玉の名画をつうじて春草芸術の神髄に触れていただき、未完成作品などの資料によって春草の真摯な制作姿勢をご覧いただきます。

 

【展覧会概要】

展覧会名
没後110年特別展 「菱田春草 -故郷につどう珠玉の名画-」

主催
飯田市美術博物館

会期
令和3年10月9日(土)~令和3年11月7日(日)
〇前期 10月9日~10月24日 / 後期 10月26日~11月7日

開館時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日
10月11・18・25日、11月1・4日

観覧料
一般:700円(600円)、高校生:無料、小中学生:無料
障がい者手帳等をご持参の方と、付添の方1人は無料
※( )内は20人以上の団体料金。
※前売り券の販売はございません。当日会場にてお求めください。

【展覧会チラシpdf】
春草展チラシ表 ・ 春草展チラシ裏

 

【主な出品作品】
※特筆のないものは全て全期間展示予定です。

第1章 美術学校と初期の制作

《寡婦と孤児》
明治28年 東京藝術大学蔵

《微笑》
明治30年 東京国立博物館蔵

《水鏡》
明治30年 東京藝術大学蔵

第2章 朦朧体の時代

《菊慈童》[県宝]
明治33年 飯田市美術博物館蔵

《白き猫》【後期のみ展示】
明治34年 春草会蔵(飯田市美術博物館寄託)

《王昭君》[重文]
明治35年 龍澤山 善寳寺蔵(東京国立近代美術館寄託)

第3章 米欧遊学と五浦移転

《曙》
明治37年 播磨屋本店蔵

《賢首菩薩》[重文]
明治40年 東京国立近代美術館蔵

《林和靖》
明治41年 茨城県近代美術館蔵

第4章 闘病と代々木時代

《落葉》
明治42年 福井県立美術館蔵

《雀に鴉》
明治43年 東京国立近代美術館蔵

《黒き猫》[重文]【前期のみ展示】
明治43年 永青文庫蔵

 

【関連企画】

※事前予約は9月9日午前9時30分から受け付けます。

①記念講演会 満席

期日 令和3年10月9日(土) 午後1時30分~3時
講師 西田俊英氏(日本美術院理事・武蔵野美術大学教授)
会場 飯田市美術博物館 講堂
定員 50人(事前予約制)
※聴講無料

②美術鑑賞の会 満席

期日 令和3年10月15日(金) 午後6時30分~8時
会場 飯田市美術博物館 講堂
定員 20人(事前予約制)
※観覧券が必要です。

③名画解説会

期日 毎週日曜日 午前10時30分~11時
会場 飯田市美術博物館 講堂
定員 15人(事前予約制)
※観覧券が必要です。

④中学生ワークショップ
「菱田春草未完成作品《雨中美人》のぬりえにチャレンジ」

期日 10月16日(土) 午後1時30分~4時30分
会場 飯田市美術博物館 科学工作室
定員 20人(事前予約制)
※参加無料

 

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う、入館制限、休館、講演会中止等に関する情報は、随時当館ホームページを更新いたしますのでそちらをご確認下さい。

プラネタリウム天歩 Tempo

菱田春草コレクション

トップニュース

藤本四八記念小中高校生写真賞2021に応募しませんか!

インフォメーション トップニュース

日本文化のこころをカメラの目を通していち早く人々に伝えた写真家 藤本四八。飯田が生んだ写真家藤本四八にちなんで、小・中・高校生を対象にした、写真賞をもうけました。 皆さんの眼(カメラ)でとらえた作品を、ぜひ応募してくださ […]

続きを読む

続きを読み込む

これ以上は投稿がありません

ブログ「美博日誌」