【春草展示複製画】ミニ解説①《雨中美人》

ブログ

12月17日から、菱田春草記念室にて「落葉」から「黒き猫」へ―複製画で見る晩年の名画―を開催しています。

眼病によって一度は失明の危機に陥ったものの、療養を経て快復した春草は、明治42年の第3回文部省美術展覧会に《落葉》を出品し、高い評価を得ます。その翌年には、第4回文部省美術展覧会に《黒き猫》を出品しました。

今回は、明治43年の制作から1点ご紹介します。


菱田春草《雨中美人》(未完成)明治43年 飯田市美術博物館蔵

第4回文部省美術展覧会の出品を目指して描いた、未完成の作品です。展覧会開催にあたって、岡倉天心が渡米の関係で審査委員を辞退したため、代わりに春草が任命されました。審査委員としての初めての出品作、春草は気合を入れて大画面の人物画に挑戦しました。

雨の景色を歩む女性たちを画題に決め、和傘をさした妻・千代をモデルに、様々な角度で丁寧に描きうつしたスケッチが数多く残っています。
入念な準備の末、屏風に着手しましたが、着物の色が気に入らなかったようで、淡墨の線描きとわずかな着彩のみで中断しています。

表情の見える女性は1人ですが、彼女たちの表情や話し声が伝わってきそうです。春草が目指した色彩や、自分が思う魅力的に感じるのはどのような色づかいか。想像をふくらませながらお楽しみください。

菱田春草記念室 常設展示 「落葉」から「黒き猫」へ―複製画で見る晩年の名画―は2月5日まで。ぜひご覧ください。

(菱田春草記念室担当)

中学生造形教室 掛け軸を作ろう

ブログ 今日の美博

飯田下伊那の中学生を対象とした造形の基礎講座、中学生造形教室。今年度最後の活動は、夏に描いた水墨画の表装に挑戦しました。


当館の菱田春草記念室で何度も目にしている掛け軸。構造や、配色を意識して、今回は自分が描いた水墨画の作品を、より魅力的にみせる表装を考えていきます。


八双にみたてた細い軸の入った紙、作品をはる紙、軸のついた紙の、3つのパーツを組み合わせていきます。


上の紙に穴をあけ、掛緒をくくりつけます。


土台の準備ができたら、作品の裏にスプレーのりを吹きかけ、慎重に張り付けていきます。


表具全体のバランスをみて、ぴったりの一文字を選んで貼り付けます。


しばらく乾かしたら完成!

自分だけのとっておきの掛け軸が完成しました!

(美術部門:菱田春草記念室担当)

1月22日■文化講座「飯田を襲った2つの地震」(要申込)

講座

 

講師:坂本正夫さん 飯田市美術博物館客員研究員)
   青木隆幸 (飯田市美術博物館専門研究員)
   近藤大知 (飯田市美術博物館学芸員)

日時:2023年1月22日(日)午後1時30分〜3時
会場:美術博物館 2階 講堂

定員:50名(申込先着順)
申込:1月8日(日)午前9時30分から電話(0265−22−8118)で受付。
*聴講は無料です。

【内容】
伊那谷に大きな被害を与えた江戸時代の地震について、自然と歴史、民俗の3つの観点からお話しします。開催中の人文トピック展示「伊那谷を襲った近世の2つの地震」に合わせた講座です。

1月21日■自然講座「のぞいてみよう!ハエの世界」(要申込)

講座


講師:酒井淳一さん
(双翅目研究家)

日時:2023年1月21日(土) 午後1時30分〜3時
会場:美術博物館 講堂
定員:50名(申込先着順)
申込:1月7日9:30〜電話で受付ます(0265-22-8118)

【内容】
花、木、草の葉、土や糞、ゴミの中、家の中から果ては雪上やウマの胃の中まで!地球上のありとあらゆるところに進出した昆虫-ハエ(双翅類)-。身近な自然界にあふれていながら、その存在はあまり語られることはありませんでした。今回、そんなハエたちの驚きに満ちた世界を、ハエに心を奪われた研究家が紹介します!

チラシPDF⇒230121自然講座

 

【同時配信】定員90名
この講座はzoomでの同時配信を行います。配信をご希望の方は、以下の申込みフォームもしくはQRコードからお申し込み下さい。

◆申込みフォーム◆

コロナ対策⇒230121イベント開催時のチェックリスト(自然講座)

1月15日〜2月12日■藤本四八記念 小中高校生写真賞作品展

インフォメーション トップニュース

飯田市美術博物館では、飯田下伊那の小中高校生を対象とした写真賞をおこなっています。本年度は95点の応募作品が集まりました。受賞作品とともに、応募いただいたすべての作品を美術博物館ロビーで展示します。

期間:2023年1月15日(日)~2月12日(日)
場所:美術博物館ロビー
観覧無料

<関連イベント>
表彰
日時:2023
年1月15日(日) 午後1時30分~
会場:美術博物館 講堂

飯田信用金庫巡回展(観覧無料)
日時:2023年2月27日(月)~3月17日(金)
会場:飯田信用金庫本店ロビー

【春草展示第39期】ミニ解説④《夕の森》

ブログ

11月12日から、菱田春草記念室 第39期 西洋美術との出会い-春草の海外遊学-を開催しています。展示中の作品から1点ご紹介します。


菱田春草《夕の森》
飯田市美術博物館蔵

アメリカ滞在中の春草は、ターナーやホイッスラー、印象派、バルビゾン派など多様な西洋美術の風景画に接する機会を得ました。これらを参照しながら、光を意識した自然景を多く手掛けています。

同心円状に配された鴉の群れは、岡倉天心旧蔵で現在はボストン美術館所蔵の《寒林帰鴉図団扇》に類似する表現がみられ、これを典拠としたと考えられます。アメリカで春草と横山大観が展覧会をした際には、岡倉天心は春草のことを「後期の宋、および足利時代の芸術家たちに深く傾倒している」作家として紹介しています。この時期の春草は、朦朧体の表現を主軸に、宋代の院体画や漢画系の作風、即ち古画を典拠としつつ、西洋美術の風景画から技術、色彩や光の表現を学んでいきました。こうして、叙情性を示す新たな日本画の風景画の姿を模索していきました。

菱田春草記念室 常設展示 第39期 西洋美術との出会い-春草と海外遊学-は12月11日まで。ぜひご覧ください。

(菱田春草記念室担当)