6月16日■顕微鏡観察教室

イベント

日時:2024年5月19日(日)午前11時~12時
会場:美術博物館 科学工作室
担当:四方圭一郎(生物担当学芸員)

昆虫など顕微鏡を使って小さな世界をのぞきます。
伊那谷の自然に関する相談などにも応じています。

*申込み不要。
*参加には展示観覧券が必要です。

6月16日■文化講座(見学会)「日夏耿之介の足跡を訪ねて」(要申込)

講座

講師:織田顕行(本館学芸員)
日時:2024年6月16日(日曜日)午前9時30分〜12時

集合:日夏耿之介記念館前
定員:20名(申込先着順)

申込:5月31日(金)午前9時30分から電話(0265−22−8118)で受付
*参加は無料です。

【内容】
墓所や文字碑など市内に点在する詩人日夏耿之介ゆかりの場所を散策します。

(主な見学コース)

日夏記念館前 ― 追手町小学校 ― りんご並木詩碑 ― 柏心寺(お墓) ― 愛宕稲荷神社 ― 日夏記念館

日夏耿之介(ひなつこうのすけ 1890-1971)は、飯田市名誉市民第1号に選ばれた詩人・英文学者。本名樋口國登。下伊那郡飯田町(現在の知久町)に生まれました。長く故郷を離れますが、昭和31年(1956)に帰郷、同46年に81歳で他界されるまで故郷飯田で余生を過ごしました。
この飯田を愛した詩人の足跡は、りんご並木の詩碑をはじめ、日夏耿之介記念館や市内に十数カ所ある文学碑など各所に点在しています。
美術博物館では、命日にあたる6月13日の前後に、日夏ゆかりの碑をめぐる見学会を毎年開催しています。今年も墓参を兼ねてその文学と人となりに触れる1日にしたいと思います。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

 


*本講座は見学会です。

6月8日■自然講座「中央構造線ってなんだろう?」(要申込)

講座


講師:宮崎裕子さん
(大鹿村中央構造線博物館)

日時:2024年6月8日(土) 13:30〜15:00
会場:美術博物館 講堂
定員:60名(申込み先着順)
申込:5月23日(木)9:30〜電話で申込み(0265-22-8118)

【内容】
中央構造線について、聞いたことはあるけれど、よくわからない方もおられるかと思います。講演者もまだまだ理解しきれていませんが、中央構造線は何なのか、なぜわかりにくいのか、初心者向けに整理してお話ししたいと思います。

チラシPDF⇒240608自然講座

大鹿村内の歌舞伎舞台

ブログ

 

大鹿村内にはかつて歌舞伎舞台が13棟ありました。そのうち4棟が上演可能な舞台として現存しています。以下、上演可能な4つの舞台を紹介します。

➀大磧神社舞台(大河原下市場)

 

 

 

 

文政元年(1818)に建立され、大鹿村内で最も古い舞台。春の定期公演で利用される。

②野々宮神社舞台(大河原上蔵)

明治22年に建立された舞台。上蔵は太夫を数多く輩出した地域であった。

③市場神社舞台(鹿塩塩河)


嘉永4年(1851)に建立され、秋の定期公演で利用される舞台。

④葦原神社舞台(鹿塩梨原)


明治20年に建立、昭和51年に改修された舞台。梨原も歌舞伎が盛んな土地だったという。

春・秋の定期公演にあわせて歌舞伎舞台を巡ってみてはいかがでしょうか?

(民俗担当、「南信州民俗芸能ファンクラブ通信」2024年5月号掲載)

※参考「大鹿村文化財史跡マップ」

季節の自然ひとつまみ 2024年5月

ブログ

4月の暖かさで、季節は駆け足で進んでいます。
南アルプスの雪もどんどん消えて、普段の5月中下旬くらいの雪の付き方になっています。
天竜川沿いでは、早くもニセアカシアのつぼみが枝先にぶら下がってきました。

5月のパネルのテーマは「マムシグサ」です。
「マムシグサの生えているところはヘビが出る」とか「茎の模様が気持ち悪い」などと言われ忌み嫌われることもありますが、よく見ると非常に美しい植物です。
ぜひ身近な場所で探してみてください。

PDF⇒240501マムシグサ

5月26日■文化講座「怪異の民俗学から〈事実〉の民俗学へ ―論考「妹の力」と確立期の柳田民俗学ー」(要申込)

講座

講師:永池健二さん(柳田国男研究会会員)

日時:2024年5月26日(日) 14:00〜15:30
会場:美術博物館講堂

定員:60名(申込先着順)
申込:5月10日(金)9:30〜電話で申込み(0265-22-8118)

【内容】
新しい救世の学の創生に向けて邁進していた柳田国男が、大正末年に女性参加参政権の到来を見通して発表した「妹の力」の現代的意義を考えます。

20240526文化講座チラシ

5月19日■自然講演会「洪水・土砂災害は 起こりうることが・起こりうるところで」(要申込)

講座


講師:牛山素行さん
(静岡大学防災総合センター教授)

日時:2024年5月19日(日) 14:00〜15:30
会場:美術博物館 講堂
定員:60名(申込先着順)
申込:5月2日(木)9:30〜電話で申込み(0265-22-8118)
主催:伊那谷自然友の会(美博共同開催)

【内容】
我が国の風水害(洪水・土砂災害)は、被害規模は経年的に激減しているものの毎年各地で繰り返し発生しています。近年の風水害による人的被害の発生状況を紹介した上で、大雨に関わる情報の難しさや、洪水・土砂災害は基本的に起こりうるところで発生していること、ハザードマップを見る上での注意事項などについて論じます。

チラシPDF⇒240519自然講演会