ワクワクびはくで夏休み2021

インフォメーション トップニュース

コロナ禍の中、美博まつりに替わるイベントとして去年より始まった「ワクワク美博で夏休み」を今年も開催します。いろいろなワークショップをご用意して、皆さまの参加をお待ちしています!!

詳しい内容、定員、参加費などは、下記をご確認下さい。

★2021わくわくびはくで夏休み★

 

予約受付開始:2021年7月22日(木・祝)午前9時30分〜
電話:0265−22−8118
予約は先着順です。

7月17日〜8月31日■4館スタンプラリー2021

インフォメーション トップニュース

実施期間:2021年7月17日(土)〜8月31日(火)

夏休み企画「4館スタンプラリー」を今年も実施します。期間中、飯田市美術博物館、上郷考古博物館、遠山郷土館「和田城」、上村まつり伝承館「天伯」の4館を巡ってスタンプを集めると、オリジナルグッズをプレゼントいたします。

実施期間中、小中学生は入館無料、高校生以上の方は、2館目以降の施設から割引料金でご入館いただけます。

ぜひ、挑戦してみて下さい!

どの館からスタートしてもOKです。スタンプ用紙は各館にございます。
また以下からダウンロードして印刷ご持参いただいてもかまいません。

スタンプラリー マップ&用紙⇒スタンプラリー台紙(A4)

自然展示室入り口パネル「季節の自然ひとつまみ」7月版に更新しました!

ブログ


月替りで更新している、自然展示室入り口のパネル、今月のテーマは「中央アルプスの高山植物」です。

中央アルプスには変種、品種を含めて240種ほどの高山植物が自生していますが、その中にはコマウスユキソウ(ヒメウスユキソウ)とコケコゴメグサの2種類の中央アルプス固有種が含まれています。
パネルの中のコケコゴメグサは拡大した写真を使いましたので、あまり「コケ」的な小ささを感じませんが、実物はすごーく小さくて「知らないと見えない花」です。

コマウスユキソウは7月、コケコゴメグサは8月が見頃です。

 

その他にも、コバイケイソウ(古い文献には南アルプスに自生するとされているものもある)、クモマスミレ、ミヤマリンドウなどは南アルプスには分布せず、伊那谷では中央アルプスだけで見られます。

パネルは7月31日(土)まで掲示しています。

四方圭一郎(生物担当)

7月25日■自然講座「日本にいたオオカミとは?」(要申込)

講座 トップニュース


講師:長谷川善和さん
(美術博物館顧問 横浜国立大学名誉教授)

日時:2021年7月25日(日)午後1時30分〜3時
会場:美術博物館 講堂
定員:50名(申込先着順)
申込:7月10日(土)午前9時30分〜電話で申し込み(0265-22-8118)
聴講無料

【内容】
日本には、ニホンオオカミ以前(約30万〜3万年前)に、より大型のハイイロオオカミがいました。さらに古い時代には、ハイイロオオカミより大型のイヌ科動物がいたことがわかっています。日本にいた「オオカミの仲間」について紹介します。

チラシPDF⇒210725自然講座

7月18日■追手町小学校化石標本室開室とワークショップ(要申込)

イベント

日時:2021年7月18日(日)午前10時~午後4時
会場:追手町小学校化石標本室(追手町小学校西側道路より入室)

<展示観覧>
申し込み不要、無料、開室中はいつでもご覧いただけます。

<化石発掘体験>(要申し込み)
時間:午前10時〜、11時〜、午後1時〜、2時〜、3時〜
作業時間:約50分
材料費:100円(1人)
定員:各回1家族(受付先着順)
申込み:7月8日(木)午前9時半より電話で申し込み(0265-22-8118)

7月18日■電子顕微鏡観察教室

イベント

日時:2021年7月18日(日) 午前11~12時(午前中のみ)

会場:美術博物館 科学工作室
担当:四方圭一郎(動植物(昆虫)担当)

電子顕微鏡公開のほか、伊那谷の自然に関する相談などにも応じています。

*参加には展示観覧券が必要です。

7月11日・23日■文化講座「三六災害から60年 -3つのテーマで伊那谷の水害を考える-」(要申込)

講座 トップニュース

※満席になりましたので、急遽、当日午前中にも同じ講座を開催することになりました。
これからお申し込みの方は、午前中の講座となりますので、ご了承お願いいたします。

※追加した11日午前中の講座もまもなく満席になりますので、3回目を7月23日(金・祝)におこないます。内容は同じです(7月3日追記)。


「未満水(1715年)、その時何が」
 講師:青木隆幸(美術博物館専門研究員)
「伊那谷の災害伝承」
 講師:近藤大知(美術博物館学芸員)
「三六災害(1961年)、その時何が」
講師:村松 武(美術博物館専門研究員)

<1回目>
日時:12021年7月11日(日)午前10時〜12時(満席)

<2回目>
日時:12021年7月11日(日)午後1時30分〜3時30分(満席)

<3回目>
日時:2021年7月23日(金・祝)午後1時30分〜3時30分

会場:美術博物館 講堂
定員:各回50人(申込先着順)
申込:6月26日(土)9:30〜電話で申込み(0265-22-8118)
聴講無料

チラシPDF→講演チラシ(三六災害)(チラシには追加の日程は未記載ですのでご注意下さい)

7月4日■電子顕微鏡観察教室

講座

日時:2021年7月4日(日) 午前11~12時、午後2時〜3時

会場:美術博物館 科学工作室
担当:田中 良(岩石・鉱物担当)

電子顕微鏡公開のほか、伊那谷の自然に関する相談などにも応じています。

*参加には展示観覧券が必要です。