【春草展示第34期】ミニ解説① 美術学校に入るまで

菱田春草記念室 第34期展示

美術学校での学び-春草の基礎学習-

より、ミニ解説①と題して美術学校入学前の春草の様子をご紹介します。

(* )で記したものは現在展示中の作品・資料です。

菱田春草(本名・三男治(みおじ))は、明治7年(1874)に飯田に生まれました。

5歳から13歳まで、飯田学校で学びました。真面目に勉学に励み、比較的良い成績をおさめていたようです。(*飯田学校大試験得点表)飯田学校で開催された教育展覧会では図画を出品し、優等賞を受けました。担任の、後に洋画家として活躍する中村不折から、画家の道に進むことを勧められたほど、絵の得意な少年だったようです。


 飯田学校卒業写真。下段右から4番目が春草。

飯田学校卒業後は、画家の道を目指して東京へ向かいました。先に上京していた兄・為吉(ためきち)世話になりながら、美術学校入学へ向けて画塾へ通い始めます。画塾の師は、狩野派の画家で美術学校の講師でもあった結城正明でした。

正明の画塾では、主に「古画の模写」と「植物の写生」をおこないました。

「古画の模写」については、筆や墨の扱い、墨線の表現などを、古画の粉本(手本や勉強用に後世の人が写したもの)を模写して学びました。狩野派の古画に限らず、中国南宋の画家、北宋の画家の粉本模写も行っていたようです。ゆっくりと筆をすすめたようなまだ硬い模写からは、学びの努力が伝わってきます。(*唐子の図、高士の図、布袋の図など)

また「植物の写生」では、季節ごとの植物をよく観察して描く、写実性を高める練習をしました。最初は形をとらえるのに精一杯な様子ですが、次第に精緻に、情感まで含んで描けるようになります。(*植物写生(梅、撫子)など)

画塾での約1年の学びを通して、美術学校に入学するための準備をしました。


 上京した頃の一枚。幼さが残ります。

明治23年 16歳の時に、いよいよ東京美術学校へ入学します。美術学校では、明治という時代にふさわしい日本画、日本画の近代化を目指すべく、3つの基礎学習が行われました。

ミニ解説②へつづく

(美術部門:加納向日葵)

ブログ