9月16日〜9月20日は春草ウィークです【観覧料無料】

インフォメーション

日本画家 菱田春草は、明治7年(1874)9月21日に生まれ、明治44年(1911)9月16日に亡くなりました。
春草の生誕の地にある飯田市美術博物館は、春草を想う期間として春草ウィークを設けました。


今年度の春草ウィーク9月16日(木)〜9月20日(月・祝)です。

期間中は、全ての展示が無料で観覧頂けます。

観覧ご希望の方には、美術博物館受付にて専用の観覧チケットをお渡しいたします。

この機会に菱田春草の作品をはじめ、春草ゆかりの地の美術、歴史文化、自然をお楽しみください。

 

藤本四八記念小中高校生写真賞2021に応募しませんか!

インフォメーション トップニュース


日本文化のこころをカメラの目を通していち早く人々に伝えた写真家 藤本四八。飯田が生んだ写真家藤本四八にちなんで、小・中・高校生を対象にした、写真賞をもうけました。
皆さんの眼(カメラ)でとらえた作品を、ぜひ応募してください。

<<昨年度の受賞作品>>

【テーマ】 自由(私たちを取り巻く自然や行事、人びとなど、何でも結構です)
【賞】藤本四八記念賞(1名)、 小・中・高校生の3部門  各4名以内
【応募締切】 令和3年11月23日(火・祝)必着(郵送か持参)
【応募先】 飯田市美術博物館 小中高校生写真賞係(〒395-0034 飯田市追手町2-655-7)郵送かご持参下さい。

【募集要項】
PDFダウンロード→小中高校生写真賞2021

飯田市ならびに下伊那郡内の学校に通学する小学生・中学生・高校生を対象に、応募者の中から選考します。

① 作品は1点につき1枚で、応募点数は1人2点以内とします。
② モノクロ、カラーのどちらでも可です。
③ サイズは、六ツ切もしくはA4サイズのプリントとします。
④ 応募作品の写真には、撮影データ(作品題名・撮影場所・撮影年月日)、撮影者の住所・氏名(ふりがな)・学校名・学年・電話番号を明記した応募票(自作可)を応募作品の裏側に、作品の上下がわかるように貼り付けてください。

[選考委員]
水谷章人氏(飯田市出身写真家、日本スポーツ写真協会会長)
代田昭久 (飯田市教育長)
滝沢具幸 (飯田市美術博物館館長)

[受賞発表] 
審査結果は、令和3年12月下旬ごろに応募者全員宛にご連絡いたします。(事前の電話等での問い合わせはご遠慮願います)
表彰式は、令和4年1月15日(土)の予定です。

[受賞作品展]
受賞作品(全作品)ならびに応募作品は、美術博物館と飯田信用金庫で展示させていただきます。

①飯田市美術博物館ロビー 令和4年1月15日(土)~2月13日(日)
②飯田信用金庫本店ロビー 令和4年2月28日(月)~3月18日(金) 

 [協 賛]   飯田信用金庫

【菱田春草展】関連企画のご案内

インフォメーション トップニュース

 

10月9日から当館にて開催予定の「没後110年特別展 菱田春草 故郷につどう珠玉の名画」 関連企画のご案内です。

※ 予約受付開始:9月9日(木)午前9時30分
  0265−22−8118 へお電話ください。
 予約は先着順です。


①記念講演会  10月9日 【満席】

西田俊英先生に、日本画家の眼でみた春草について、そしてご自身の制作についてお話ししていただきます。

詳細はこちら→ https://www.iida-museum.org/13454/

②美術鑑賞の会 10月15日 【満席】
当館学芸員が、菱田春草の画業について少し詳しく、じっくりとご紹介します。

詳細はこちら→ https://www.iida-museum.org/13459/

③名画解説会 毎週日曜日
当館学芸員/客員研究員が、展覧会の見どころと、春草の代表作1点を選んでご紹介します。

詳細はこちら→ https://www.iida-museum.org/13463/

④中学生ワークショップ 10月16日
「菱田春草 未完成作品《雨中美人》のぬりえにチャレンジ」
《雨中美人》を鑑賞した後、ぬりえによって春草の未完成作品に自分の彩を加えるワークショップです。

詳細はこちら→ https://www.iida-museum.org/13465/

 

人数を限定し、感染症対策を行った上での開催となります。ご来館の際にはマスク着用のご協力をお願いいたします。

なお「長野県新型コロナウイルス感染症・感染警戒レベル」の基準において、南信州圏域がレベル5になった場合は、関連企画は中止となります。予めご了承ください。

 

(美術部門)

新型コロナウイルス感染警戒レベル5にともなう、普及事業の中止・延期について

インフォメーション

新型コロナウイルス感染警戒レベル5にともなう、飯田市美術博物館主催の教育普及事業の中止・延期を以下にまとめました(2021年8月20日)。

【終了】8/19(木) 4館スタンプラリー
【中止】8/20(金) プラネタリウム夏休み投影
【中止】8/21(土) 古文書講座
【延期】8/21(土) 子ども美術学校(Cクラス)→ 9/12(日)午前 → 延期
【延期】8/22(日) 子ども美術学校(Dクラス)→ 9/12(日)午後 → 延期
【中止】8/22(日) ワクワクびはく「プラネタリウム投影」
【中止】8/22(日) ワクワクびはく「天文工作」
【中止】8/28(土) ワクワクびはく「まが玉つくり」
【中止】8/28(土) ワクワクびはく「マンダラぬり絵」
【中止】8/29(日) ワクワクびはく「コケリウム」
【中止】8/29(日) 文化講座「東山道と伊那谷の古代仏教文化」
【中止】9/1(水)古文書講座
【延期】9/4(土) 自然講座「伊那谷に大被害を与えた167年前の安政東海地震」→ 日程未定
【中止】9月の子ども美術学校は中止とします。今後の予定については参加者にハガキでお知らせします。
【中止】9/5(日)電子顕微鏡観察教室
【中止】9/11(土)たねの会ワークショップ「コケリウム」
【中止】9/12(日)追手町小学校化石標本室開室とワークショップ

【8/22修正】
【8/27修正】
【9/4修正】

臨時休館のお知らせ

インフォメーション

飯田市の新型コロナウイルス感染警戒レベルが5に引き上げられたことを受け、飯田市美術博物館は下記の通り臨時休館いたします。
職員は出勤しておりますので、定期休館日(月曜日)以外の日の電話、FAX、メールなどへの対応は通常どおり行います。

臨時休館期間:2021年8月20日(金)〜9月12日(日)*

*期間は延長または短縮される場合もあります。

【8/21修正】休館期間を9/2まで延長
【9/1修正】休館期間を9/12まで延長

【8/20以降中止】ワクワクびはくで夏休み2021

インフォメーション

新型コロナウイルス感染警戒レベル5にともない、以下のワークショップは中止いたします。

8月22日(日) プラネタリウム投影
8月22日(日) 天文工作「星ころん」「星座早見盤をつくろう」
8月28日(土) まが玉をつくろう
8月28日(土) マンダラぬり絵
8月29日(日) ガラスの小びんでコケリウム

 

コロナ禍の中、美博まつりに替わるイベントとして去年より始まった「ワクワク美博で夏休み」を今年も開催します。いろいろなワークショップをご用意して、皆さまの参加をお待ちしています!!

詳しい内容、定員、参加費などは、下記をご確認下さい。

★2021わくわくびはくで夏休み★

 

予約受付開始:2021年7月22日(木・祝)午前9時30分〜
電話:0265−22−8118
予約は先着順です。

【8/19で終了】7月17日〜8月31日■4館スタンプラリー2021

インフォメーション

新型コロナウイルス感染警戒レベル5にともない、8月19日をもって本イベントは終了といたします。

 

実施期間:2021年7月17日(土)〜8月31日(火)

夏休み企画「4館スタンプラリー」を今年も実施します。期間中、飯田市美術博物館、上郷考古博物館、遠山郷土館「和田城」、上村まつり伝承館「天伯」の4館を巡ってスタンプを集めると、オリジナルグッズをプレゼントいたします。

実施期間中、小中学生は入館無料、高校生以上の方は、2館目以降の施設から割引料金でご入館いただけます。

ぜひ、挑戦してみて下さい!

どの館からスタートしてもOKです。スタンプ用紙は各館にございます。
また以下からダウンロードして印刷ご持参いただいてもかまいません。

スタンプラリー マップ&用紙⇒スタンプラリー台紙(A4)