【春草展示第35期】ミニ解説①墨の情趣

菱田春草記念室 第35期展示

墨の情趣-春草の水墨表現-

の展示から、テーマを設けて数回にわたって紹介します。

第1回目は、展示全体についておはなしします。

 

今回の展示は、春草の作品の中から、墨を基調に描いた作品を集めました。

筆意を込めた線で描く学生時代~初期、具墨(混色した墨)やぼかしを用いて空間を描く朦朧体期、画面の明瞭化をはかった渡米期、そして装飾性を強めていく晩年期。

古典を参照しながら革新を目指す画風の中で、春草はそれぞれに見合った墨の表現を探求しました。

「墨に五彩あり」といわれるように、グラデーションがみせる多彩な色感や、濃淡や渇潤が織りなす豊かな表情をご覧いただけます!


まずは、春草が使用した墨、菱田家所用の名硯がお出迎え。
硯については、装飾のある面を下に置いて、無地の面をすったあとのある、なんだか不思議な使い方をしています。


墨を用いた、写生や模写、未完成作品も紹介します。


展示室はかなり落ち着いた、しっとりした雰囲気に。

墨の作品ばかりだからこそ、それぞれの作品に注目しやすくなっているかもしれません。

 

菱田春草記念室 常設展示 第35期 墨の情趣-春草の水墨表現-は7月24日まで。春草による墨のあじわいをぜひご覧ください。

(美術部門:加納向日葵)

ブログ