没後110年菱田春草展 後期展示がはじまりました!

飯田市美術博物館で10月9日よりはじまった、没後110年特別展「菱田春草 ―故郷につどう珠玉の名画-」

10月24日(日) をもって前期の展示が終了しました!

 

あっという間の二週間。たくさんの方にお越しいただき大盛況の前期でした。普段画集でみるあの作品たちがみんな並んでいる…!というような、春草の名画が故郷につどった展示でした。

特に、前期のみ展示の重要文化財《黒き猫》は、ご来飯が53年ぶりということで、「楽しみにしていた!」「みることができてよかった!」と多くの方からうれしいお声をいただきました。

 

さて、本日10月26日より、後期の展示が始まりました!

春草の珠玉の名画勢ぞろい、というテーマはそのままに、13作品を入れ替え、展示室の雰囲気はがらっとかわりました。

そして後期の裏テーマはずばり「古典引用」!よりディープに春草を知ることができる展示です!

 

明治日本画の革新者である春草の制作方針は、思想家 岡倉天心の言葉から影響を受けています。

「先づ日本美術の歴史的根拠を牢くし、さて後西洋美術の精華をも参酌せしめんと欲する也」

日本美術の古典をよく研究し、そこから学んだうえで、西洋美術の良い部分を取り込んでいく。そうして新しい日本美術、日本画をつくっていく… 春草の作品はどれも新しい挑戦が込められていますが、そのベースには常に日本美術の古典引用があったのです。
名品の背景にある古典引用と新たな挑戦は一体どんなところなのか。じっくりご覧になって考えてみたり、ヒントが欲しいときはキャプションをお読みになったりして、春草のあくなき探求心、制作の意図を、感じていただけたら幸いです。

学生時代から最晩年まで、代表的な作品を網羅し、春草の制作の変遷をたどることができる特別展。この機会にぜひご覧下さい!


(ここだけの話、《黒き猫》がおやすみになった後期、いまのところ前期よりかなりすいています。春草の作品をじっくりたっぷりご覧になるチャンスですよ!)
※混み合うことが予想される団体来館の時間はこちらのリンクからご確認ください。
 菱田春草展■学校観覧などで混み合う日時の情報

 

(美術部門:加納向日葵)

 

 

ブログ 今日の美博