【春草展】ジュニア鑑賞ガイドの紹介

菱田春草の特別展開会まで、残り2週間となりました!
明日9/27から10/8まで、美博は臨時休館となります。春草展準備も大詰めです。

 

さて、本日は今回の春草展に合わせて作成した、ジュニア鑑賞ガイドを紹介いたします。

地域ゆかりの作家の大回顧展、この機会にぜひ春草の名画に出会ってほしい!という思いから、作成することとなりました。こちらは、飯田下伊那の全小中学生へ配布しました。

春草の名作7点と、春草の制作について、春草の生涯、と盛りだくさんな内容をコンパクトにまとめています。A5サイズ、全8ページのリーフレットです。

当館の展示デザイン担当職員にお願いして描いてもらった きくじどう が、それぞれの作品の見どころを教えてくれます♪

 

***

本ジュニア鑑賞ガイドは何層にも学びの機会のきっかけを得られるもの、を目指しました。

まず、作品と向き合い楽しむために、「じっくりみよう」「かんがえよう」「ことばにしよう」の3つのプロセスを踏むことができるガイド文や問いがあります。次に、それらのプロセスを経たのちに読む、作品の簡単なお話や当時の春草の説明を載せています。

これによって、子どもたちが、1人でも自分自身の目で見て、感じて、言葉で表現する活動、(可能であればその表現を他の人と共有する活動)、そして作品について知る活動、を自然と流れでできます。さらに、作品について知った上で作品と向き合いもう一度感じる活動へ繋がります。作品と自分の対話、作品を介した他者との対話、そして作品と新たな自分の視点との対話、と何層にも学びの機会を得ることができる仕組みです。

それぞれの作品と出会うきっかけについては、「色や形に注目」「描き方に注目」「身体的な共感」「物語を想像する」と様々な切り口をちりばめ、後半は複合のものにすることで、作品の魅力を感じるポイントは多様であることを感じてもらえるものを目指しました。

問いについては、絶対的な事実・正解があるものではなく、子どもたちの自由な発想を許容し、どのような意見も作品の本質に集約できるように設定しました。

 

本来であれば、展示室で実際の作品をみながら学芸員が解説をしたり、子どもたちの質問に答えたりしながら、対話を通して作品を鑑賞できる機会を設けたいところです。しかし、感染症拡大に伴い、当館では、展示室でのギャラリートークを控えることにしました。静かに、でも最大限作品を味わう手助けをなにかできないか、と考えた時に、個々で鑑賞をするのに適している鑑賞ガイドに至りました。

また、短い会期の中で多くの学校に来ていただいた時に、少ない学芸員では対応しきれない、という事も懸念されます。そのため、各作品のポイントをおさえたジュニア鑑賞ガイドをすべての学校へ配布することで、主に事前学習に、さらに来館時の補助教材に、活用していただければ、と考えています。

***

展覧会会期中、ご希望の方には受付にてお渡しできます。ご来館のお子様、そして大人の方も是非、お手にとってご覧ください。春草について知り、春草の名画に親しむ一助となることができたら幸いです。

(美術部門 加納向日葵)

ブログ