菱田春草《雨中美人》(未完成)が飯田市有形文化財に指定されました!

令和3年9月17日、飯田市に新たな有形文化財が登録されました!

飯田出身の日本画家、菱田春草の未完成作品《雨中美人》です。

 
菱田春草《雨中美人》(未完成) 明治43年

 

和傘をさした女性たちが、談笑をしながらゆっくり歩みをすすめている様子が描かれています。ほとんどがまだ下書きの状態で、一部着彩を進めたところでとまっています。

この屏風は、明治43年、第4回文部省美術展覧会(文展)に出品するために制作をはじめました。
前年度の第3回文展の際に、《落葉》を出品し、世間から高く評価された春草は、さらに新しい日本画の表現を目指してこの屏風作品に挑戦しました。暑い夏の日に妻の千代にモデルとなってもらいながら、様々なポーズと角度で和傘をさした女性のスケッチや小下絵を描き、時間をかけて準備しました。そして満を持して本制作に取り掛かったのですが、着物の色が思ったようにいかず、中断してしまいました。
しかし文展には何か作品をださなければならない、提出期限も迫っている、そんな時に、これまでの研究や経験を注ぎ込んで集大成のように描いたのが《黒き猫》でした。

《雨中美人》の過程があったからこそ、《黒き猫》にたどり着いた、という点でもとても意味のある作品ではありますが、《雨中美人》の素晴らしさはそれだけではありません。
未完成ながら、展覧会出品をめざして春草が描いていたこと、制作の過程が明らかなこと、晩年の春草が目指していた新しい日本画の姿を推測できるとても貴重な作品です。

また、日常の幸せな一場面をきりとったことや、女性らしい朗らかさやしなやかさを表現していること、顔が見えているのは一人だけでも女性たちの立ち姿から楽しく談笑している姿を想像できるその表現力、そして人物の配置や和傘の丸などの幾何学的な構図の面白さや新しさ…
挙げるときりがないほど魅力が詰まっている作品です!

《雨中美人》は、令和3年10月9日から開催の没後110年特別展「菱田春草 -故郷につどう珠玉の名画-」に展示予定です。

春草の制作への熱量や繊細な筆づかいを感じたり、
完成していたら着彩は、背景は、雨の表現は、そして日本画の現在は、どうなっていたのだろう…?と想像をしてみたりしながら、ご覧ください。

 

(美術部門 加納向日葵)

ブログ 今日の美博