1月20日■天文講演会「系外惑星探査最前線」(要予約)

トップニュース プラネタリウム

20190120天文講演会チラシ

講師:日下部 展彦さん(アストロバイオロジーセンター特任専門員 国立天文台光赤外研究部 併任)

系外惑星が発見されて20年以上経ち、いまでは3500以上の系外惑星が発見されています。
様々な惑星が発見される中、地球のような惑星は存在するのかを含め、発見された系外惑星の姿や、今後はどのような探査がすすむのかなどについてご紹介します。
講演会の後、番組「We are ALIENS!−ボクらは宇宙人!−」(約25分)を投影します。

日時:平成31年1月20日(日) 午後1時〜14時30分
場所:飯田市美術博物館プラネタリウム天歩
料金:無料
定員:90人(予約優先、当日空席があれば先着順)
予約:電話又は美術博物館受付にて(電話0265-22-8118)

その他:13時〜、14時30分〜の通常のプラネタリウムの投影はありません。
※このイベントは、プラネタリウム番組「We are ALIENS!−ボクらは宇宙人−」関連企画です。
※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。

チラシPDF⇒190120天文講演会

1月13日〜■期間限定特別投影「オーロラ 生命の輝き」

トップニュース プラネタリウム

201901オーロラ特別投影チラシ

誰もを魅了してやまないオーロラ。
韓国の天体写真家クォン・オーチォル氏による全天周オーロラ動画や、オーロラの神話や歴史、メカニズム、宇宙から眺めるオーロラの絶景などを紹介します。これまでにない美しいオーロラの映像をお楽しみください。

投影日時:平成31年1月13日(日)、1月14日(祝)、1月27日(日)
2月10日(日)、2月17日(日)、2月24日(日) 午後4時~5時

※通常のプラネタリウム番組にかえて投影します。1回の投影は、
星空解説、オリジナル番組とあわせて60分です。

チラシPDF⇒オーロラ番組投影

1月6日■昼間の観望会&特別投影「部分日食を見よう」

プラネタリウム

201801日食イベントチラシ修正

太陽ってどんな星? 日食ってなぜ起こるの? 2019年のスタートは、みんなで部分日食を観察しよう!

日時:平成31年1月6日(日)午前9時30分〜11時30分
参加無料・申込み不要

<観望会>
時間:午前9時30分〜11時30分
場所:屋上 ※時間内自由参加
太陽観察・日食についての解説

<プラネタリウム>
時間:午前11時〜11時30分
場所:プラネタリウム天歩
定員:定員90名(先着順)
プラネタリウム番組「The Sun」の観覧

その他:10時〜、11時〜のプラネタリウムの通常投影は休映します。雨天時は観望会を中止し、10時〜と11時〜の2回、「The Sun」(約25分)を投影します。

※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。

チラシPDF⇒190106日食イベント

12月14日■星空観望会「ふたご座流星群観察会」(要申込)

トップニュース プラネタリウム

20181214ふたご座流星群観望会チラシ

ふたご座流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」、8月の「ペルセウス座流星群」と共に「三大流星群」と呼ばれている流星群です。今年は12月14日の21時頃に極大を迎えると予想されています。冬の澄み切った空気の中、みんなで一緒に流星観測をしませんか。

日 時:平成30年12月14日(金) 午後7時〜 自由解散(最終24:00まで)
場 所:(集合・学習)丸山公民館 (観測)県民飯田運動広場(押洞グラウンド)
参加費:無料
定 員:30名
申込み:前日までに美術博物館(0265-22-8118)へお申し込みください。

持ち物:筆記用具、飲み物、雨具、懐中電灯
(必要な方は)敷物、シュラフ、イス、星座早見盤、カメラ、夜食など
その他:小中学生は、保護者同伴で参加してください。
寒いので、暖かい格好でお越しください。
雨天・曇天時は中止とします。
中止の場合は、当日18時までに美術博物館ホームページでお知らせします。

※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。

チラシPDF⇒ふたご座流星群観望会チラシ

12月8日■星空観望会「冬の星空観望会 inナイトズー」

プラネタリウム

20181208ナイトズーチラシ

毎年恒例の飯田市立動物園「いいだナイトズー」!
飯田市美術博物館とのコラボ企画で、1日だけの星空観望会を実施します。
園内の動物たちを巡りながら、動物の星座を探すスタンプラリーにチャレンジしよう!

日時:平成30年12月8日(土) 午後5時30分~6時30分(ナイトズーは午後5時〜)
場所:飯田市立動物園
参加無料・申込み不要

その他:動物園は午後4時30分に一旦閉園し、午後5時に再開園します。
雨天の場合は12/9(日)に順延します。
※ナイトズーは12/1,2,8,9に開催します。
※動物やナイトズーについてのご質問は飯田市立動物園まで。

※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。

チラシPDF⇒20181208ナイトズー

 

11月15日■星空観望会「月面Xの正体を探る」(要申込)

プラネタリウム

201811月面X観望会チラシ
月日が流れ季節が巡る中で月は満ち欠けを繰り返していますが、上弦の月をむかえるあるひと時、ある場所に「月面X」が現れます。上弦の月といっても、毎回見られるわけではないこの「月面X」という現象を、今回望遠鏡を使って自分の眼で発見してみましょう。
※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。

日時:平成30年11月15日(木) 午後6時30分~8時
会場:美術博物館科学工作室(建物に向かって右側の屋上階段を上って直接お入りください)、屋上
定員:40名(先着順)
申込み締切:11月14日(水)
申込み方法:電話(0265-22-8118)へお申し込みください。
協力:飯田御月見天文同好会

*雨天・曇天の場合は、室内でのお話しのみ、または中止となる場合があります。中止の場合は当日午後5時までに当館HPのインフォメーション覧でお知らせいたします。

チラシPDF⇒201811月面X観望会チラシ

10月21日■特別投影「十三夜のおつきさま」

プラネタリウム

201810特別投影チラシ_s

日時:平成30年10月21日(日) 午後4時~5時
会場:飯田市美術博物館プラネタリウム天歩
観覧料:一般250円、高校生150円、小中学生50円
定員:90名(観覧券は当日販売します。予約は受け付けません)

※この時間は、プラネタリウム番組「おじゃる丸」の投影はありません。
※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。

【内容】
中国から伝わった中秋(十五夜)の約一ヶ月後、満月になる前の十三夜の月を愛でる風習が日本にはあります。
私たちにもっとも身近な天体『月』について、いろいろご紹介します。

チラシPDF⇒181021特別投影チラシ

9月28日■アロマプラネタリウム「ぐっすりプラネタリウム」(要申込)

プラネタリウム

201809特別投影チラシ

毎日お疲れのみなさま。プレミアムフライデーはプラネタリウムの満天の星空のもとで、のんびりゆったりすごしてみませんか?
お気に入りの枕やブランケット持参もおすすめ! 私語やいびきはご遠慮ください。

日時:平成30年9月28日(金) 午後6時30分~7時30分
場所:飯田市美術博物館プラネタリウム天歩
参加費:一般250円、高校生150円、小中学生50円
定員:90名(予約優先、当日空席があれば先着順)
予約:電話(0265-22-8118)か、美術博物館受付で直接お申込みください。

チラシPDF⇒180928ぐっすりプラネ

8月9日■星空観望会inいいだナイトズー

プラネタリウム

飯田市立動物園&飯田市美術博物館プラネタリウム コラボ企画
星空観望会inいいだナイトズー

20180809ナイトズー観望会チラシ

毎年恒例、飯田市立動物園の「いいだナイトズー」!
美術博物館とのコラボ企画で、1日だけの星空観望会を実施します。望遠鏡で惑星(金星、木星、土星、火星)を見たり、夏の星座を探したりしてみませんか?

日 時:平成30年8月9日(木)19:00~20:30
お話と星空観望会(観望会は暗くなってから実施)
場 所:飯田市立動物園
参加費:無料、申し込み不要
その他:動物園は16:30に一旦閉園し、19:00に再開園します。
雨天の場合は8/10に順延します。
ナイトズーは8/9~8/12まで開催しています。
※ 動物やナイトズーについてのご質問は飯田市立動物園まで。
※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。

お問合せ:飯田市美術博物館(担当:吉住)
TEL. 0265-22-8118

チラシPDF⇒180809ナイトズー観望会チラシ