1月19日■子ども科学工作教室「燃料電池で4WDカーを走らせよう!!」(要申込)

イベント

s-科学工作教室4001

日時:平成31年1月19日(土) 午前10時~午後3時

対 象:小学校4・5・6年生
場 所:美術博物館 科学工作室
定 員:40人(応募者多数の場合は抽選)
参加費:2000円(教材費)
持ち物:昼食、水筒、筆記用具  ※工具は美博に準備してあります。

<申込み方法> 申込締切:平成31年1月5日(土)必着
・住所・氏名・電話番号・学年・「科学工作教室受講希望」を明記の上、はがきもしくはEメールにて、飯田市美術博物館までお申し込みください。
Eメールの場合は題名に「科学工作教室受講希望」とお書き下さい。メール送信されて2日たっても美博より受付返信がない場合は、必ず電話でお問い合わせ下さい。
応募者が定員を越えた場合は抽選により受講生を決定し、通知します。

あて先:〒395-0034 長野県飯田市追手町2-655-7  飯田市美術博物館
Eメール:bihaku@iida-museum.org
【お問合せ】 飯田市美術博物館 0265-22-8118

チラシPDF⇒科学工作教室4

1月12日■自然講座「野草と作物と雑草のお話」

トップニュース 講座

s-190112自然講座

講師:伊藤一幸さん(元神戸大学大学院教授)

日時:平成31年1月12日(土) 午後1時30分~3時
会場:美術博物館 講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
人が意識して利用し、栽培する植物が作物。無意識的に作られ、耕地に侵入してくる植物が雑草です。里山などに生育して、育種していない草本性の植物が野草であり、山菜はこれに含まれます。育種された作物は管理がなされないと生育が難しい。これらの種間関係について、具体的な近縁種で説明します。

チラシPDF⇒190112自然講座

1月20日■天文講演会「系外惑星探査最前線」(要予約)

トップニュース プラネタリウム

20190120天文講演会チラシ

講師:日下部 展彦さん(アストロバイオロジーセンター特任専門員 国立天文台光赤外研究部 併任)

系外惑星が発見されて20年以上経ち、いまでは3500以上の系外惑星が発見されています。
様々な惑星が発見される中、地球のような惑星は存在するのかを含め、発見された系外惑星の姿や、今後はどのような探査がすすむのかなどについてご紹介します。
講演会の後、番組「We are ALIENS!−ボクらは宇宙人!−」(約25分)を投影します。

日時:平成31年1月20日(日) 午後1時〜14時30分
場所:飯田市美術博物館プラネタリウム天歩
料金:無料
定員:90人(予約優先、当日空席があれば先着順)
予約:電話又は美術博物館受付にて(電話0265-22-8118)

その他:13時〜、14時30分〜の通常のプラネタリウムの投影はありません。
※このイベントは、プラネタリウム番組「We are ALIENS!−ボクらは宇宙人−」関連企画です。
※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。

チラシPDF⇒190120天文講演会

1月13日〜■期間限定特別投影「オーロラ 生命の輝き」

トップニュース プラネタリウム

201901オーロラ特別投影チラシ

誰もを魅了してやまないオーロラ。
韓国の天体写真家クォン・オーチォル氏による全天周オーロラ動画や、オーロラの神話や歴史、メカニズム、宇宙から眺めるオーロラの絶景などを紹介します。これまでにない美しいオーロラの映像をお楽しみください。

投影日時:平成31年1月13日(日)、1月14日(祝)、1月27日(日)
2月10日(日)、2月17日(日)、2月24日(日) 午後4時~5時

※通常のプラネタリウム番組にかえて投影します。1回の投影は、
星空解説、オリジナル番組とあわせて60分です。

チラシPDF⇒オーロラ番組投影

1月6日■昼間の観望会&特別投影「部分日食を見よう」

プラネタリウム

201801日食イベントチラシ修正

太陽ってどんな星? 日食ってなぜ起こるの? 2019年のスタートは、みんなで部分日食を観察しよう!

日時:平成31年1月6日(日)午前9時30分〜11時30分
参加無料・申込み不要

<観望会>
時間:午前9時30分〜11時30分
場所:屋上 ※時間内自由参加
太陽観察・日食についての解説

<プラネタリウム>
時間:午前11時〜11時30分
場所:プラネタリウム天歩
定員:定員90名(先着順)
プラネタリウム番組「The Sun」の観覧

その他:10時〜、11時〜のプラネタリウムの通常投影は休映します。雨天時は観望会を中止し、10時〜と11時〜の2回、「The Sun」(約25分)を投影します。

※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。

チラシPDF⇒190106日食イベント

12月14日■星空観望会「ふたご座流星群観察会」(要申込)

トップニュース プラネタリウム

20181214ふたご座流星群観望会チラシ

ふたご座流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」、8月の「ペルセウス座流星群」と共に「三大流星群」と呼ばれている流星群です。今年は12月14日の21時頃に極大を迎えると予想されています。冬の澄み切った空気の中、みんなで一緒に流星観測をしませんか。

日 時:平成30年12月14日(金) 午後7時〜 自由解散(最終24:00まで)
場 所:(集合・学習)丸山公民館 (観測)県民飯田運動広場(押洞グラウンド)
参加費:無料
定 員:30名
申込み:前日までに美術博物館(0265-22-8118)へお申し込みください。

持ち物:筆記用具、飲み物、雨具、懐中電灯
(必要な方は)敷物、シュラフ、イス、星座早見盤、カメラ、夜食など
その他:小中学生は、保護者同伴で参加してください。
寒いので、暖かい格好でお越しください。
雨天・曇天時は中止とします。
中止の場合は、当日18時までに美術博物館ホームページでお知らせします。

※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。

チラシPDF⇒ふたご座流星群観望会チラシ

12月8日■星空観望会「冬の星空観望会 inナイトズー」

プラネタリウム

20181208ナイトズーチラシ

毎年恒例の飯田市立動物園「いいだナイトズー」!
飯田市美術博物館とのコラボ企画で、1日だけの星空観望会を実施します。
園内の動物たちを巡りながら、動物の星座を探すスタンプラリーにチャレンジしよう!

日時:平成30年12月8日(土) 午後5時30分~6時30分(ナイトズーは午後5時〜)
場所:飯田市立動物園
参加無料・申込み不要

その他:動物園は午後4時30分に一旦閉園し、午後5時に再開園します。
雨天の場合は12/9(日)に順延します。
※ナイトズーは12/1,2,8,9に開催します。
※動物やナイトズーについてのご質問は飯田市立動物園まで。

※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。

チラシPDF⇒20181208ナイトズー

 

12月8日■自然講座「南アルプス生き物調査 第三弾!」

講座

181208自然講座

講師:四方圭一郎(当館学芸員)

日時:平成30年12月8日(土) 午後1時30分~3時
会場:美術博物館 科学工作室
聴講無料・申込み不要

【内容】
今年の南アルプス調査では、三伏峠や塩見岳周辺、北岳、仙丈ヶ岳など中北部の峰々を歩きました。
南アルプス固有種タカネツトガなどの高山蛾や、クロユリなどの高山植物、ライチョウ、オコジョにも出会いました。さらに9月の北岳では、憧れの南アルプス三大珍リンドウの撮影もできました。そんな今年の調査の様子を写真を中心に紹介します。

チラシPDF⇒181208自然講座

 

11月24・25日■第19回現代の創造展ギャラリートーク

イベント

日時:平成30年2月24日(土)・25日(日)午後1時30分〜午後2時50分
集合:美博ロビー

11月24日(土)
(日本画)大原文男 五十嵐博子
(洋画)丸山陸雄 松島清子 上林泰平
(版画)古庄真理子
(彫刻)仲田耕治
(工芸)水上雅彦 水野雅史
(書) 沢柳礼子 林賢子 木下益盛
(コンテンポラリー)小林まる 湯沢茂好

11月25日(日)
(日本画)小池誠 大前清嵩
(洋画)川上久光 しろたゆかり 遠山禎之
(版画)安藤睦子
(彫刻)山内孝一
(工芸)大藏光彦 中平則子
(書) 三浦満弓 松村信子 吉川鎭守
(コンテンポラリー)北村月香 北原志乃

ギャラリートーク案内PDF⇒ギャラリートーク日程と実施者

続きを読み込む

これ以上は投稿がありません