8月19日■自然講座「地球温暖化で南極の氷は解けるのか? -極限フィールドワークから探る南極氷床の安定性-」」

トップニュース 講座

20170819地質講座チラシ

講師:菅沼悠介さん(国立極地研究所准教授)

日時:平成29年8月19日(土) 午後1時30分~3時
会場:飯田市美術博物館 講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
南極氷床の急激な融解やこれに伴う海面上昇は人類的懸念です。しかし、南極氷床の融解メカニズムは未解明の部分が多く、将来予測の不確定要素となっています。
一方で、南極氷床の融解メカニズムの解明には、過去の南極氷床変動を復元することが有効です。私はこれまで東南極での現地調査に基づき、過去の東南極氷床変動の復元を試みてきました。
本講演では、これまで進めてきた研究の内容と今後の展望をお話ししたいと思います。

チラシPDF⇒170819自然講座

8月13日■追手町小学校化石標本室公開とワークショップ

イベント

日時:平成29年8月13日(日) 午前10時~午後4時
会場:追手町小学校化石標本室(追手町小学校西側道路より入室)

<展示観覧>
無料、開室中はいつでもご覧いただけます。

<化石発掘体験ワークショップ>
開室中に随時受け付けます。希望者が集中した場合はお待ち頂くことがございます。
参加費:100円(1回)

8月12日■追手町小学校化石標本室公開とワークショップ

イベント

日時:平成29年8月12日(土) 午前10時~午後4時
会場:追手町小学校化石標本室(追手町小学校西側道路より入室)

<展示観覧>
無料、開室中はいつでもご覧いただけます。

<レプリカ作成>
開室中に随時受け付けます。希望者が集中した場合はお待ちいただくことがございます。
制作時間:約30分
材料費:200円(1個)

8月11日■追手町小学校化石標本室公開とワークショップ

イベント

日時:平成29年8月11日(金・祝) 午前10時~午後4時
会場:追手町小学校化石標本室(追手町小学校西側道路より入室)

<展示観覧>
無料、開室中はいつでもご覧いただけます。

<化石発掘体験ワークショップ>
開室中に随時受け付けます。希望者が集中した場合はお待ち頂くことがございます。
参加費:100円(1回)

8月11~13日■企画展「世界最南端のライチョウがすむ南アルプス」展示解説会

イベント トップニュース

s-南アルプス展フライヤー表

日時:平成29年8月11日(金・祝)・12日(土)・13日(日)
1回目:午前11時~12時  2回目:午後2時~3時

集合:展示室前ロビー
解説:四方圭一郎(企画展担当学芸員)
申し込み不要

高校生以上は参加には観覧券が必要です。小中学生は無料です。

 

8月10日■子ども写真学校(要申込)

イベント トップニュース

H29子ども写真学校チラシ

講師:水谷章人さん(スポーツ写真家)

日時:平成29年8月10日(木)午前10時~午後3時30分(集合は9時50分)
参加費:500円/1人(印画紙代など)
持ち物:ノート、筆記具、弁当、水稲、帽子、虫よけ、参加費(カメラは、こちらで用意します)
対 象:小学生4~6年、中学生
定 員:15人
申込み:電話で申し込み0265-22-8118(開館日の8:45~17:00)(先着順)

機材協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社

チラシPDF⇒H29子ども写真学校

8月6日■追手町小学校化石標本室の公開とワークショップ

イベント

日時:平成29年8月6日(日) 午前10時~午後4時
会場:追手町小学校化石標本室(追手町小学校西側道路より入室)

<展示観覧>
無料、開室中はいつでもご覧いただけます。

<レプリカ作成>
開室中に随時受け付けます。希望者が集中した場合はお待ちいただくことがございます。
制作時間:約30分
材料費:200円(1個)

企画展「世界最南端のライチョウがすむ南アルプス」明日オープン!

ブログ

企画展「世界最端のライチョウがすむ南アルプス」
会期:平成29年7月15日(土)~12月24日(日)
フラヤーダウンロード→2017南アルプス展フライヤー

 

s-南アルプス展フライヤー表

 

 

この数ヶ月かかりきりだった企画展示準備が終わりました〜!
明日、7月15日(土)オープンです。わーパチパチパチ・・・。

展示室の様子をちょっとだけ紹介しましょう。

s-2017 07 14_8554_edited-1
入り口はこんな感じ。

 

s-2017 07 14_8585
中に入ると…。
南アルプスの峰々を背景に、ライチョウのジオラマがでで〜んと。
ここではバードカービングのライチョウに注目です。

 

s-2017 07 14_8566
ライチョウコーナー。

s-2017 07 14_8569
高山植物コーナー。

s-2017 07 14_8564
ライトトラップのイメージジオラマもあります。
モデルは…(笑)

s-2017 07 14_8561
調査道具30kgの体験コーナも。

 

そうして、今回も手帖を作りました!
s-南アライチョウ手帖001 s-南アむし手帖002

南アルプス ライチョウ手帖
南アルプス 高嶺のむし手帖
の2種類です。

どちらも展示室で配布します!
欲しい方、ぜひ飯田市美術博物館へ足をお運び下さい!!

展示室でお待ちしております!!!

続きを読み込む

これ以上は投稿がありません