3月23日■プラネタリウムまつり(一部プログラム要申込)

プラネタリウム

20190323_表
プラネタリウムオリジナル番組新作発表と、普段とはちょっと違うプラネタリウムを体験していただく、2018年度プラネタリウムまつりを開催します。終日無料でご参加いただけます。いろいろなプラネタリウムをお楽しみください。
*プログラムによって参加方法が異なります。下の「参加の仕方」もしくはイベントチラシをよく読んでからご参加ください。

イベントチラシPDF⇒2019プラネタリウムまつりチラシ

日時:平成31年3月23日(土) 午前10時~午後5時
場所:飯田市美術博物館プラネタリウム天歩、講堂
参加費:無料

内容:
①10:00~11:10 (定員90名)
新作「南信州の煙火」(約10分)の投影と講演会「南信州の煙火ー今に残る手づくり煙火の伝統ー」
講師:櫻井弘人(当館学芸員)
講演会の後は、そのほかの煙火記録映像やVR映像体験をお楽しみください。(~12:00)
※VR体験は?数や年齢の制限あり

②13:00~13:50 (定員90名)
「星兄の爆笑プラネタリウム」ゲスト解説:星兄(ほしにい)さん
全国のプラネタリウムで活躍中の星兄が、美術博物館に初登場!他では聞けない星空のヒミツを聞いちゃいましょう。普段は静かなプラネタリウムで、今日はお腹をかかえて笑ってください!!!

③14:00~15:30 (定員10名)
「もっと自分が好きになる!話し方レッスン」講師:佐藤圭代さん
(飯田エフエム放送パーソナリティ・こどもアナウンス発声協会講師)
人前で話すことが得意な人も苦手な人も、今の自分を知ることで、きっと話すのが好きになります。コツを学んで一緒に練習してみませんか?  レッスンの後はプラネタリウムで発表会を行います!  体験者事前募集!

④14:30~15:20 (定員90名)
「望遠鏡を使いこなそう!」解説:川手俊美(当館プラネタリウム担当)
望遠鏡ってどんな種類があるの?  どうやって使えばいいの?  普段望遠鏡について疑問に思っていることをとことん解説!  望遠鏡で撮影した天体写真などもたっぷり紹介します。

⑤16:00~17:00 (定員80名)
「あなたもプラネタリアン」
「話し方レッスン」受講者の発表会です。満天の星空のもと、季節の星座や宇宙についてのお話しを聞いてみませんか。どなたでもご参加いただけます。

【参加のしかた】

① 新作発表会
当日9:30より美術博物館受付で整理券を配布します。
②④⑤ プラネタリウム投影
当日9:30より2階科学工作室で整理券を配布します。

*9:30よりすべてのイベントの整理券を配布しますが、一度にお渡しできる整理券は一つのイベントにつき、1人3枚までとします。

③ 話し方レッスン
事前応募制(10名限定)の体験教室です。※保護者の付添いは可能
応募条件:14:00からのレッスンと発表会に参加できる方(終了17:00予定)
プラネタリウム担当が準備した原稿を読める方
※漢字にはふりがながついています。
※小学生低学年以下の場合は保護者同伴でお願いします。
応募方法:2月26日~3月22日の間に電話(0265-22-8118)又は美術博物館受付まで。先着順で、定員に達し次第募集を締め切ります。

お問合せ:飯田市美術博物館
〒395-0034 飯田市追手町2-655-7
TEL. 0265-22-8118 FAX. 0265-22-5252

3月24日■追手町小学校化石標本室「公開とワークショップ」

イベント

日時:平成31年3月24日(日) 午前10時~午後4時
会場:追手町小学校化石標本室(追手町小学校西側道路より入室)

<展示観覧>
無料、開室中はいつでもご覧いただけます。

<化石レプリカ作成>
開室中に随時受け付けます。希望者が集中した場合はお待ちいただくことがございます。
制作時間:約30分
材料費:200円(1個)

3月17日■伊那谷自然史発表会

イベント

日時:平成31年3月17日(日) 午後1時30分~4時
会場:美術博物館講堂
共催:伊那谷自然友の会
参加無料・申込み不要・時間中の出入り自由

【内容】
伊那谷の自然について調べたり・見つけたり・体験したことなどを交流し合う場です。
今回も去年に引き続き特別企画「野山で見つけた宝物 パート2」を行います。
皆さんの御自慢の一品、思い出に残るもの、みんなに見せたいあなたの宝物をお持ち下さい。

部屋をのぞいてみるくらいの気持ちで、お気軽にご参加くださいね。

3月10日■県立歴史館の信州学出前講座in飯田「田中芳男-博物館の父は飯田から羽ばたいた」

講座

平成31年3月10日(日)午後1時30分~3時10分

講        師: 青木 隆幸 氏(飯田OIDE長姫高等学校教諭、前長野県立歴史館学芸部長)
会        場: 飯田市美術博物館 講堂
定    員: 100人
聴        講: 無料 事前申込み不要

長野県立歴史館の職員が、信濃の歴史を最新の研究成果をもとにわかりやすく解説いたします。今回は、“日本の博物館の父”と呼ばれ、日本の近代化に日本の近代化に力を尽くした飯田出身の偉人・田中芳男(1838-1916)の誕生の秘密に迫ります。

20190310講座チラシ_s

 

3月9日■防災講演「72時間サバイバル ~知っておきたい10のこと~」

トップニュース プラネタリウム 講座

201903震災特別投影チラシ
講師:林 美由貴 さん
(南風舎主催、自然体験型教育プランナー)

日時:平成31年3月9日(土)午後2時30分~4時
会場:美術博物館講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】突然襲ってくる様々な災害。その時、私たちは何ができるのでしょうか?
知っているようで実は知らないことがいっぱいの災害現場の実際を紹介します。身近にある新聞紙や段ボールを使って、災害現場で役に立つ便利グッズを一緒に作ってみましょう!

チラシPDF⇒201903震災特別投影

3月2日■自然講座「進化の中で現れた、植物と昆虫の切っても切れない縁」

トップニュース 講座

190302自然講座
講師:高野宏平さん(長野県環境保全研究所)

日時:平成31年3月2日(土) 午後1時30分~3時
会場:美術博物館講堂
聴講無料・申込み不要

内容:あなたは里芋が好きですか? 私は大好きです。特にイカとの相性は抜群です。飯山市木島の坂井芋、木曽・上伊那・下伊那のあかたつ(唐芋)、駒ヶ根市(上赤須)の赤須さといもは、信州の伝統野菜としても認定されています。今回はそんな里芋(とサトイモ科植物)の進化と生態に隠された、昆虫との深~い関係を紹介します。

チラシPDF⇒190302自然講座

3月2・3・9・10日■プラネタリウム特別投影「東日本大震災 ~あの日を忘れない~」

プラネタリウム

201903震災特別投影チラシ

今年で3回目となるプラネタリウム天歩の東日本大震災特別投影。2011年3月11日の東日本大震災以降も豪雨、台風、火山噴火、地震と様々な自然災害が起こっています。それでも時間がたつにつれ、記憶は薄れ、災害への備えも怠りがちになります。今年は東日本大震災等についてのミニ展示や防災講演会も行います。今、何ができるか、一緒に考えてみませんか。

日時:平成31年3月2日(土)・3日・9日・10日 午後4時~5時
内容:①岩手県南部被災地の記録 ②プラネタリウム特別番組「星空とともに」(2日・3日)、「星よりも、遠くへ」(9日・10日)
場所:飯田市美術博物館プラネタリウム天歩
観覧費:無料
定員:90名

チラシPDF⇒201903震災特別投影

2月24日■星空観望会「南極老人星を探せ!」(要申込)

トップニュース プラネタリウム

日時:平成31年2月24日(日) 午後7時~8時30分
会場:科学工作室、屋上(会場へは建物向かって右側(西側)の屋上階段を上って直接入室して下さい)
持ち物:懐中電灯
定員:40名(先着順)

申込み:電話(0265-22-8118)か美博受付で直接お申し込みください。
申込締切:2月23日 午後5時

*雨天・曇天の場合は、室内での簡単なお話しのみ、または中止となる場合があります。

 

続きを読み込む

これ以上は投稿がありません