開催中の展示と予告のご案内

第19回 飯田下伊那の作家による「現代の創造展」

第19回 飯田下伊那の作家による
現代の創造展

会期:平成30年11月18日(日)~12月9日(日)

現代の創造展2018001

 

出品者一覧PDF⇒現代の創造展目録

チラシPDF⇒現代の創造展2018

菱田春草常設展示 第10期「《鹿》と朦朧体の改良」

菱田春草記念室常設展示

第10期「《鹿》と朦朧体の改良」

会期:平成31年11月3日(土)~12月2日(日)

明治30年代、日本画に西洋絵画の技法を導入しようとした春草は、まず空間表現の研究に取り組みます。しかしぼかしを多用した結果、「朦朧体」と酷評を受けました。そこで彼は画面の明瞭化を試み、朦朧体の改良に着手していきます。本展では写実性を重視した作品《鹿》を中心に、朦朧体の新たな展開の諸相をご覧いただきます。

s-春草M36・鹿300
菱田春草 《鹿》 明治36年(1903) 本館蔵

主な出品作品】
菱田春草《鹿》
菱田春草《秋郊月夜の図》
菱田春草《月下の雁》
菱田春草《帰樵》
横山大観《若竹》
ほか

平成30年度(2018)展覧会予定

☆注意☆ プラネタリウムの2回目の投影時間は、午前11時からです お間違えの無いようお願いいたします。

プラネタリウム天歩 Tempo

菱田春草コレクション

トップニュース

藤本四八記念小中高校生写真賞2018に応募しませんか!

インフォメーション トップニュース

日本文化のこころをカメラの目を通していち早く人々に伝えた写真家 藤本四八。飯田が生んだ写真家藤本四八にちなんで、小・中・高校生を対象にした、写真賞をもうけました。 皆さんの眼(カメラ)でとらえた作品を、ぜひ応募してくださ […]

続きを読む

続きを読み込む

これ以上は投稿がありません

ブログ「美博日誌」