ご来館のお客様へのお願い

インフォメーション

当館では新型コロナウイルス感染対策の為、以下の対応をさせて頂いております。

ご来館のお客様にはご協力をお願い致します。

発熱や咳などの症状がある方は入館をご遠慮ください。

必ずマスクを着用してください。(未着用の方は入館をお断りさせて頂きます)

・少人数での入館をお願い致します。また、観覧時は会話をお控えいただき、他のお客様との距離を確保してください

※展示室内は10名、日夏耿之介記念館・柳田國男館は5名を目安にご覧ください。館内が過密になった場合は入場制限させていただきます。

・壁や展示ケースに手を触れないでください

・チケットのご購入等は床のマークを目安に距離を保ち、複数でご来館の場合は代表者1名がお並びいただくようお願いします。

手洗い・消毒をお願いします。

入館者全員のお名前・ご連絡先をお伺いしておりますのでご協力ください。下記から専用用紙をダウンロードできます。

※感染者が発生した場合、保健所等による聞き取り調査等にご協力いただく場合がありいます。

・当館は定期的に館内の換気・消毒を行っています。

・柳田國男館・日夏耿之介記念館は1回の見学を30分以内でお願いしています。

 

◆こちらから記入用紙をダウンロードできます。

連絡記入用紙

皆様のご理解とご協力をお願い致します。

【春草展示第34期】ミニ解説④質問のあった作品について

ブログ

菱田春草記念室 第34期展示

美術学校での学び-春草の基礎学習-

より、簡単に展示内容をご紹介してきました。

ミニ解説①では美術学校に入るまで 、ミニ解説②では 美術学校の3つの基礎学習、ミニ解説③では《鎌倉時代闘牛の図》をご紹介しました。

今回は本展示について、お客様から質問のあった、とある「作品」についてご紹介します!

「どうして最後に下村観山の絵があるの?」「今回の展示とどんな関係があるの?」

春草の美術学校での学びを追う今回の展示。臨画、写生、新按の作品が並び、美術学校の案内や春草の卒業制作への意気込みを兄・為吉へ語る書簡、そして東京美術学校の卒業証書。

無事、画家春草の誕生までを作品と資料を通して見終えたところで、最後に1点、下村観山《稚児文殊》(明治28年、飯田市美術博物館蔵)が展示してあります。

菱田春草記念室、菱田春草常設展示に、なぜ他の作家が。そして今回はなぜ観山が。ご覧になった方はそのように思われたのでしょう。

 

まず、当館の菱田春草記念室は、春草の作品と資料を中心に、また同時代に活動した春草の周辺作家の作品も合わせて、彼の画業に迫る展示構成となっています。そのため、ALL春草であることは珍しく、毎回1〜数点の周辺作家の作品と合わせて構成しています!春草と各作家の、似ているところや個性を感じるところ、比較してご覧ください。

 

そして今回、なぜ下村観山が選ばれたのか。

理由は「《鎌倉時代闘牛の図》を展示したから」です。

春草と観山は、共に日本美術の革新を目指し切磋琢磨しあった仲でした。観山は、春草にとって年齢も美術学校の学年も春草の1つ上の先輩です。
ミニ解説③で、春草の《鎌倉時代闘牛の図》は、東京美術学校の校友会臨時大会で2位に当たる賞をもらった作品と紹介しましたが、その時の1位の賞は下村観山が受賞しました。
美術学校卒業後も、日本美術院で拠点を共に制作に励みました。お互い別のルートで留学をしていてもイギリスで待ち合わせをして会ったり、帰国後は茨城県五浦でまた制作を共にしたりと、春草にとってかなり長い時間近くにいた画家仲間の一人です。

それから欠かせないのは、春草の兄・為吉との関係です。為吉は、東京に暮らした頃は春草の生活の面倒をみていました。可愛い弟の夢を応援してくれる優しい兄。為吉のお給料日になると、春草とその友人数人が為吉の帰宅を家の前で待っていたそうです。そして為吉のお給料から、春草は1円札をもらい、友人たちとご褒美外食に繰り出していったそうです。その友人たちの中にいた1人が、観山。
美術学校を卒業後、画家兼同校の教員になった観山。社会人となって、学生時代にご馳走になっていた為吉へお礼を伝えるために1つの作品を描いて贈りました。まさにそれが、今回展示してある《稚児文殊》なのです。

春草が兄に贈った《鎌倉時代闘牛の図》。この作品と、春草と、観山と兄・為吉は、とても関係があるのでした。

 

以上、小話のような紹介でした。

菱田春草記念室 常設展示 第34期 美術学校での学び-春草の基礎学習-は5月29日まで。残り1週間を切りました!画家・春草の始まりをぜひご覧ください。

(美術部門:加納向日葵)

「伊那谷の自然と文化研究費補助金」の申請を受け付けます

インフォメーション

飯田市内の個人、団体の方々が行う伊那谷の自然と文化に関する研究活動を支援する「伊那谷の自然と文化研究費補助金」の令和4年度の募集をおこないます。

1 内容 
伊那谷の自然や文化を対象にした市民研究について、調査に関わる費用を補助します。ご希望の方は、申請方法をご確認の上、〆切までに美術博物館に申請書をご提出ください。

2 対象 
飯田市内に在住する個人又は飯田市内に事務所を置く団体

3 募集期間 
令和4年6月15日(木)~6月30日(木) 消印有効

4  申請方法 
「伊那谷の自然と文化研究費補助金交付申請書」と題して、氏名(団体名・代表者名)、住所、連絡先電話番号を明記し、研究事業の目的および内容、完了時期、交付を受けようとする額を記載して飯田市美術博物館に期限までに提出してください。あわせて事業計画書、収支予算書をご提出ください。また団体等の概要、近年の活動報告などの資料があれば添付してください。
※申請書式(ダウンロード)
伊那谷の自然と文化研究事業補助金交付申請書様式

5 審査方法
美術博物館協議会に諮問し、教育委員会で協議し決定します。

 

6月26日■自然講座「気候変化と文明の盛衰は関係するか?」(要申込)

講座


講師:山田桂さん(信州大学教授)

日時:2022年6月26日(日曜日)午後1時30分〜3時
会場:美術博物館 2階 講堂

定員:50名(申込先着順)
申込:6月11日(土)午前9時30分から電話(0265−22−8118)で受付。
*聴講は無料です。

【内容】
近年、数十年〜数百年程度の感覚で過去の気候変化を読み取れるようになりました。その結果、歴史記録と科学データとの対比が可能となり、過去の文明の盛衰と気候変化が関連した可能性が指摘されています。講座では、中国、マヤ文明、日本での例を紹介します。

 

6月25日■プラネタリウム特別投影「野尻抱影を読む」

プラネタリウム

日 時:2022年6月25日(土) 午後1時30分〜2時10分
場 所:プラネタリウム天歩

参加費:小中学生50円、高校生150円、一般250円
(就学前のお子さんが座席ご利用の場合は小中学生料金が必要です。)

定 員:30名 (当日受付・先着順)

 

英文学者でありながら日本各地の星の呼び名を収集し、冥王星の命名者でもある「野尻抱影」の随筆(エッセイ)をプラネタリウムの星と共に楽しみます。

6月19日■電子顕微鏡観察教室 

イベント

日時:2022年6月19日(日)
   午前11~12時、午後2時~3時
会場:美術博物館 科学工作室
担当:四方圭一郎(生物担当)

電子顕微鏡で微の世界をご覧いただけます。
自然学芸員が伊那谷の自然に関する相談などにも応じます。

*申込み不要。
*参加には展示観覧券が必要です。

6月19日■美術講座 表現をひらく「鈴木芙蓉の真景図」(要申込)

講座

講師:槇村洋介(本館学芸員)
日時:2022年6月19日(日曜日)午後1時30分〜3時

場所:飯田市美術博物館 2階講堂
定員:50名(申込先着順)

申込:6月5日(土)午前9時30分から電話(0265−22−8118)で受付
*参加は無料です。

【内容】
飯田市北方出身の南画家、鈴木芙蓉が手がけた真景図について、新収蔵品《鳴門暁景図》や代表作の《那智瀑泉真景図
》を通して、芙蓉が新たに開いた世界について探っていきます。

6月12日■文化講座(見学会)「日夏耿之介の足跡を訪ねて」(要申込)

講座

講師:織田顕行(本館学芸員)
日時:2022年6月12日(日曜日)午前9時30分〜12時

集合:日夏耿之介記念館前
定員:20名(申込先着順)

申込:5月28日(土)午前9時30分から電話(0265−22−8118)で受付
*参加は無料です。

【内容】
墓所や文字碑など市内に点在する詩人日夏耿之介ゆかりの場所を散策します。
*本講座は見学会です。

【春草展示第34期】ミニ解説③クローズアップ!《鎌倉時代闘牛の図》

ブログ

菱田春草記念室 第34期展示

美術学校での学び-春草の基礎学習-

より、簡単に展示内容をご紹介しています。

ミニ解説①では、美術学校に入るまで を、

ミニ解説②では、 美術学校の3つの基礎学習をご紹介しました。

今回は本展示から、春草が東京美術学校在学4年目に描いた《鎌倉時代闘牛の図》を、作品の注目ポイントや春草の基礎学習の成果を探る形でご紹介します!


菱田春草《鎌倉時代闘牛の図》明治27年4月 飯田市有形文化財

 

①豊かな表情
都路で突然始まった牛のぶつかり合い。驚く人、賑やかす人、嫌がる人、怖がる動物も…
感情や声まで想像できる、それぞれの豊かな表情に注目してご覧ください。どんな声や音が聞こえてきますか?

②こだわりの線描
牛の描き方に注目。抑揚のある線で、力強い体の様子を描いています。
人物の着物は…ハリのある着物は硬いまっすぐな線でパキパキっと、着慣れた様子の着物は曲線で、質感を描き分けています。

③絵巻物からの学び
春草は「臨画」で古画模写を通して伝統と筆法を学びましたが(ミニ解説②参照)、古画からの学びは春草の生涯を通して制作の軸となります。本作を描くときには、「鳥獣人物戯画」の乙巻や、「一遍上人絵詞伝」など絵巻物を参照したと考えられます。
特に、「一遍上人絵詞伝」は模写が複数残っており、特に人物表現、表情や装束に注目して描いています。鎌倉期の特徴ある装束は、《鎌倉時代闘牛の図》にそっくりな姿で引用されています。

当館学芸員 小島の論文にて詳細をご覧いただけます▶︎資料紹介 菱田春草《鎌倉時代闘牛の図》と一遍上人絵詞伝模写

④西洋美術の技術を取り入れた空間
手前側を濃い色で、奥を薄い色で描く空気遠近法を取り入れています。
また、画面の左上のモヤ〜ホワ〜とした表現で、奥にも空間が広がっていることを描いています。このように、西洋美術の空間・遠近の表現を取り入れています。

⑤新しい日本画の姿
①〜③は言い換えれば古画からの学び、④は西洋美術の技術。日本の伝統や筆法を学ぶ「臨画」の学びと、西洋の写実・空間表現の学び「写生」をもとに、独自の制作を進めていく「新按」らしい作品で、これこそが美術学校が目指していた「新しい日本画」と言えるでしょう。着実に学び、意欲的な新按の制作を行っていた春草だからこそ描くことができた作品です。

⑥兄へ贈った受賞作
この作品は、東京美術学校の校友会臨時大会に出品し、約260点中2位の成績を受けました。現存する中では最初の受賞作品です。
春草の兄・為吉は、春草が画家の道に進むことを応援し、東京で暮らす間は春草の生活の面倒を見ていました。為吉が熊本へ赴任中は、春草は度々書簡を通して、学校での出来事や制作の構想などを伝えています。
明治27年6月8日付の為吉宛 春草書簡では、岡倉天心から受けた指導、自身の卒業制作への意気込みなどを語った後に「賞の画(牛の画)」を贈ります、という内容が書かれています。良き理解者である兄へ、受賞作を贈ることで学びの成果や感謝の気持ちを伝えたかったのかもしれませんね。
本作は長く菱田家の所蔵にあり、平成30年から当館の所蔵に、そして飯田市有形文化財に指定されています。

 

菱田春草記念室 常設展示 第34期 美術学校での学び-春草の基礎学習-は5月29日まで。画家・春草の始まりをぜひご覧ください。

(美術部門:加納向日葵)

子ども美術学校①友だちの顔をかく

ブログ 今日の美博

飯田下伊那の小学校4年生から6年生を対象とした絵画・工作の基礎講座、子ども美術学校。(地域ゆかりの作家 菱田春草の学んだのが「東京美術学校」なのが名前の由来だとか何だとか)

今年度も開校しました!

第1回目は「友だちの顔をかく」がテーマ。

隣の席の、はじめましてのお友だち。顔をよ~くみる。
かたちや色を発見するつもりで、よ~くみる。

まずは黄色のチョークのはらを使って、もあもあ と大きく形をとらえます。
普段とちょっと違う描き方に、ワクワク、ちょっと緊張。

つぎに、黒色のパスで線描きをします。息の長い一本線で、カタツムリのはやさで。力強くかく線・弱めにかく線を使い分けながら。
みんな真剣、お友だちの顔から目をはなさずに描きます。

交代でお互いの顔をとらえた後は、色塗りです。よ~くみたときに感じた色を6色以上パレットに出して、混ぜてまた色を作ったら、とんとん、と筆先で色を置いていきます。気分は印象派の画家?色の重なりも、全体の色合いも、楽しみながら塗っていきます。


いい色ができた!とんとんとん…


「日焼けしてるからすごく赤く見えるよ!」
「まぶたのところにすこしみどりがある!」

お互いの顔をよくみながら描いていくうちに、自然と打ち解けていきますね。

 

個性豊かなお友だちと、楽しい美術学校になりそうな予感!

1年間よろしくお願いします☺

 

(美術部門 加納向日葵)

続きを読み込む

これ以上は投稿がありません