ご来館のお客様へのお願い

インフォメーション

当館では新型コロナウイルス感染対策の為、以下の対応をさせて頂いております。

ご来館のお客様にはご協力をお願い致します。

発熱や咳などの症状がある方は入館をご遠慮ください。

必ずマスクを着用してください。(未着用の方は入館をお断りさせて頂きます)

・少人数での入館をお願い致します。また、観覧時は会話をお控えいただき、他のお客様との距離を確保してください

※展示室内は10名、日夏耿之介記念館・柳田國男館は5名を目安にご覧ください。館内が過密になった場合は入場制限させていただきます。

・壁や展示ケースに手を触れないでください

・チケットのご購入等は床のマークを目安に距離を保ち、複数でご来館の場合は代表者1名がお並びいただくようお願いします。

手洗い・消毒をお願いします。

・当館は定期的に館内の換気・消毒を行っています。

・柳田國男館・日夏耿之介記念館は1回の見学を30分以内でお願いしています。

皆様のご理解とご協力をお願い致します。

【春草展示複製画】ミニ解説③《黒き猫》誕生の道のり

ブログ

12月17日から、菱田春草記念室にて「落葉」から「黒き猫」へ―複製画で見る晩年の名画―を開催しています。
今回は晩年の名画《黒き猫》誕生の道のりを紹介します。


明治43年夏
第4回文部省美術展覧会の審査委員にはじめて任命される。審査委員に相応しい大作を出品するよう準備を始める。妻・千代をモデルに、和傘をさした女性のスケッチを何枚も描く(真夏の時期に行ったため千代は脳貧血をおこす)。本制作へ進むが、「着物の色が思ふ様に行かない」ため中断する。【雨中美人(未完成)】
その後、代わりに出品する小品に取り掛かるも、中断する。【黒き猫(未完成)】

9月30日
友人・齋藤隆三へ書簡で「出品画(雨中美人)は失敗」「小さき絹へ揮毫(黒き猫未完成)致し候得共是又同様失敗」「今更致し方も無之候」と出品断念を伝える。

10月初旬
齋藤隆三に励まされ、新たに小幅1点の制作をはじめる。10月5日には「小品壱点」を制作中で「出品致す覚悟」と書簡で伝える。

10月6日、8~10日は審査委員の仕事に出る。10月7日には、「小幅未成」だが「両三日中完成の見込」と書簡で伝える。「夜分にも執筆」して完成させようと考えていたが、夜中に長男が高熱で倒れる。

10月10日
「明日頃表具出来直に出品致し可申」と書簡で伝える。つまり概算で5.6日ほどで小幅を描き、10日には既に完成して表具屋へ表装に出していたといえる。

10月11日
完成した作品を文部省美術展覧会に出品。【黒き猫】


《黒き猫》に対する春草の評価は「責塞ぎ」の「愚作」や、「駄作黒き猫」などと謙遜が甚だしいです。新たな挑戦を中断し、描きなれた画題で間に合わせる形で描いたためでしょう。しかし、もし未完成の2点で納得していれば、春草の集大成のような《黒き猫》はうまれなかったのです。琳派の造形美、院体花鳥画の気風、西洋美術の写実性が見事に調和しており、春草の研究の成果が詰まった、近代日本美術の代表作といえるでしょう。こうした様々な要件を経て、名画《黒き猫》は誕生しました。

菱田春草記念室 常設展示 「落葉」から「黒き猫」へ―複製画で見る晩年の名画―は2月5日まで。未完成作品2点と《黒き猫》の複製画を並べて展示しております。ぜひご覧ください。

(菱田春草記念室担当)

2月25日〜3月21日■美博スタッフの研究活動紹介

イベント

 

ポスター展示(美術博物館ロビー)
掲示期間:2月25日(土)〜3月21日(火・祝)

美術博物館職員、および当館と関連する団体や研究者の皆さんの調査研究活動の内容を、ポスター形式で紹介します。展示期間中、無料でご覧いただけます。

 

ポスター発表(美術博物館ロビー)
開催日時:3月4日(土)午後1時30分~3時

各分野の代表者が、ポスターの内容について説明します。聴講無料、申し込み不要です。

イベント開催時のチェックリスト(230304研究活動紹介)

2月25・26日■滝沢具幸(美術博物館館長)による 日本画実技講座(要申込)

講座 トップニュース

講 師: 滝沢具幸 (日本画家、飯田市美術博物館 館長)

日 時 :2023年2月25日・26日(連続講座)
25 日(土) 10時~16時40分、 26 日(日)  9時40分~16時40分

場 所: 飯田市美術博物館 科学工作室
対 象: 高校生以上の日本画初心者から経験者
定 員 20 名 ( 定員を超えた場合は抽選)
参 加 費 2,000 円(材料費別)

申し込み方法:郵送またはFAX 2月21日(火) 必着
※住所、氏名、電話番号、日本画経験の程度を明記

イベント開催時のチェックリスト(日本画実技講座 )

2月25日■星空観望会「冬の星座とダイヤモンド」(要申込)

プラネタリウム

日時:2023年2月25日(土) 午後7時00分〜8時30分
会    場:科学工作室(美博建物向かって右側の屋上階段から直接入室して下さい)美術博物館屋上
定    員:30名(申込先着順)
申    込:2月11日(土)9:30〜 電話にて受付(0265-22-8118)
持ち物:懐中電灯、お持ちの方は双眼鏡
参加料:無料

冬の星座が美しく広がり、そこには1等星が作る「冬のダイヤモンド」が輝きます。望遠鏡でオリオン大星雲やすばるなどの散開星団も楽しみます。

*雨天曇天の場合はお話しのみで終了もあります。

イベント開催時のチェックリスト(冬の星空観望会)

2月11日■自然講座「高山植物ものがたりー花、果実、種子、芽生え ときどきふしぎ発見!ー」(要申込)

講座 トップニュース


講師:千葉悟志さん
(市立大町山岳博物館学芸員)

日時:2023年2月11日(土・祝) 午後1時30分〜3時
会場:美術博物館 講堂
定員:50名(申込先着順)
申込:1月28日9:30〜電話で受付ます(0265-22-8118)

【内容】
高山植物はどのように芽生えて、成長し、開花に至るのでしょうか。また、高山植物と昆虫、一体どのような関係にあるのでしょう。講演では観察で出会ったふしぎについても一部ご紹介いたします。

チラシPDF⇒230211自然講座

 

【同時配信】定員90名
この講座はzoomでの同時配信を行います。配信をご希望の方は、以下の申込みフォームもしくはQRコードからお申し込み下さい。

◆申込みフォーム◆

 

イベント開催時のチェックリスト(自然講座230211)

2月5日■令和5年度 市民ギャラリー会場使用抽選会

インフォメーション トップニュース

新型コロナウイルス感染予防対策を行ったうえで、令和5年度飯田市美術博物館市民ギャラリー会場使用抽選会を開催します。
必ず、下記「◆詳細情報◆」をクリックして、注意事項、当日の手順を事前にご確認のうえ、ご参加ください。

期日:令和5年2月5日(日曜日)
受付:午前9時30分~ 開始:10時00分
会場:飯田市美術博物館 2階講堂

※2023年4月から9月までの期間の予約について抽選を行います。
※感染症対策として、代表者1名のみご参加ください。

◆詳細情報◆

イベント開催時のチェックリスト(市民ギャラリー会場使用抽選会)

【春草展示複製画】ミニ解説②《黒き猫》(未完成)

ブログ

12月17日から、菱田春草記念室にて「落葉」から「黒き猫」へ―複製画で見る晩年の名画―を開催しています。今回は、明治43年の制作から未完成の1点を紹介します。

 
菱田春草《黒き猫》(未完成)
明治43年 飯田市美術博物館蔵

人物画の大作《雨中美人》を中断後、第4回文部省美術展覧会の出品を目指して描いた作品です。しかしこれも未完成に終わっています。友人の齋藤隆三宛の書簡では《雨中美人》と本作の失敗と、展覧会出品を諦めるつもりだという内容を伝えています。

背景にグラデーションを施してから猫を描いている、制作の様子が分かります。画面の上には、おそらく中断を決めた後に、濃淡のある墨で柏の葉の形や木の幹のごつごつ感の表現を試し描きしています。この中断を踏まえて再び挑戦したことで、名画《黒き猫》[重要文化財] が誕生しました。

菱田春草記念室 常設展示 「落葉」から「黒き猫」へ―複製画で見る晩年の名画―は2月5日まで。本展示ではこの未完成作品と、重要文化財作品の複製画の2点の黒き猫を並べて展示しております。ぜひご覧ください。

(菱田春草記念室担当)

令和4年度 藤本四八記念 小中高校生写真賞 審査結果

インフォメーション

審査員
水谷章人氏(写真家)・熊谷邦千加(飯田市教育長)・滝沢具幸(当館館長)

応募作品数
小学生の部29点
中学生の部16点
高校生の部50点

 ■審査結果

【藤本四八記念賞】


「すごい!すごい!」 藤本 栞多さん(下久堅小学校4年生) 


【小学生の部】

しんきん大賞


「オオルリのさえずる森」 坂口 凛太郎さん(伊賀良小学校3年生)

水谷章人特別賞


「今年も実りましたねぇ」 勝又 大耀さん(大下条小学校6年生)

飯田市教育長賞


「私の”五平もち”おいしくやいてね♡」 大久保 汐雫さん(伊賀良小学校1年生)

美術博物館館長賞


「早朝 クリスマスツリー」 神藤 航さん(浜井場小学校5年生)


【中学生の部】

しんきん大賞


「杜の聲」 速水 心さん(緑ヶ丘中学校1年生)

水谷章人特別賞

※該当作品なし

飯田市教育長賞


「海を越え、やって来た旅人~アサギマダラ~」 林 勇輝さん(高陵中学校3年生)

美術博物館館長賞


「紅葉の川」 森山 誠さん(緑ヶ丘中学校2年生)


【高校生の部】

しんきん大賞


「優しさのぬくもり」 中塚 愛果さん(飯田女子高校3年生)

水谷章人特別賞


「希望の朝」 内村 美羽さん(飯田女子高校2年生)

飯田市教育長賞


「燦爛」 山﨑 美心さん(飯田女子高校3年生)

 美術博物館館長賞 


「秋の訪れ」 遠山 希明さん(阿智高校1年生)

 

作品展(観覧無料)
日時:2023年1月15日(日)〜2月12日(日)
会場:美術博物館ロビー

日時:2023年2月27日(月)~3月17日(金)
会場:飯田信用金庫本店ロビー

1月27日-2月12日■子ども美術学校・中学生造形教室作品展

インフォメーション トップニュース

小学校3年生から6年生を対象とした絵画・工作の基礎講座である「子ども美術学校」、および中学生を対象とした美術講座「中学生造形教室」の、生徒の皆さんの作品を展示します。1年間の授業の中で、個性豊かな作品たちが完成しました。

会期:2023年1月27日(金)〜2月12日(日)午後4時

観覧料:無料

市民ギャラリー側の入り口からの入館が可能です。来館時はマスクを着用し、検温にご協力ください。

 

◆子ども美術学校・中学生造形教室 保護者の皆様◆

作品の引き渡し:2月12日 午後4時~5時 

子ども美術学校は1人あたり全部で6作品、中学生造形教室は1人あたり3作品あります。置忘れのないようお気を付けください。子ども美術学校感想文集は各家庭で1冊お持ち帰りください。

 

続きを読み込む

これ以上は投稿がありません