ご来館のお客様へのお願い

インフォメーション

当館では新型コロナウイルス感染対策の為、以下の対応をさせて頂いております。

ご来館のお客様にはご協力をお願い致します。

発熱や咳などの症状がある方は入館をご遠慮ください。

必ずマスクを着用してください。(未着用の方は入館をお断りさせて頂きます)

・少人数での入館をお願い致します。また、観覧時は会話をお控えいただき、他のお客様との距離を確保してください

※展示室内は10名、日夏耿之介記念館・柳田國男館は5名を目安にご覧ください。館内が過密になった場合は入場制限させていただきます。

・壁や展示ケースに手を触れないでください

・チケットのご購入等は床のマークを目安に距離を保ち、複数でご来館の場合は代表者1名がお並びいただくようお願いします。

手洗い・消毒をお願いします。

・当館は定期的に館内の換気・消毒を行っています。

・柳田國男館・日夏耿之介記念館は1回の見学を30分以内でお願いしています。

皆様のご理解とご協力をお願い致します。

【春草展示第37期】ミニ解説④《菊慈童》

ブログ

9月3日から、菱田春草記念室 第37期 菊慈童に迫る-春草と朦朧体-を開催しています。展示中の作品から、《菊慈童》をご紹介します。


菱田春草《菊慈童》
明治33年(1900)
長野県宝 飯田市美術博物館蔵

明治30年代に春草が取り組んだ空間表現研究の、初期の代表作です。「朦朧体」と呼ばれた、色彩を重ねたりぼかしたりして画面を構成し、輪郭線を用いない描法で奥行きの描出を試みています。

朦朧体の目的は、画面内に西洋美術から学んだリアリティをもたらすことにありました。本図では、前景から後景に向かって徐々に色彩を霞ませる「空気遠近法」を用いて、空間を描出しています。各所に色彩による空間表現の工夫を取り入れ、これによって、画面内に空間性・写実性を与えました。合わせて、東洋美術の古典を参照し、特に南宋の院体山水画のもつ空間性や気韻の表現も取り入れています。こうして新たな日本画を目指しましたが、当時の批評界からは斬新さゆえに批判が多く上がりました。

菱田春草記念室 常設展示 第37期 菊慈童に迫る-春草と朦朧体-は10月2日まで。若き春草の、空間表現の研究とその成果をご覧ください。

(菱田春草記念室担当)

子ども美術学校⑤写してみつけた私の世界(版画)/親子鑑賞会

ブログ 今日の美博

飯田下伊那の小学校4年生から6年生を対象とした絵画・工作の基礎講座、子ども美術学校。第5回目は「写してみつけた私の世界」がテーマ。スチレンボードを使った多色刷り版画に挑戦しました。


スチレンボードに、思い思いに模様を刻み、色のグラデーション・対比をたのしみながら不思議な世界をつくっていきます。


各自もってきた「おもしろい線を描けそうなもの」を使って、スチレンボードに刻んでいきます。



調和する色の組み合わせ、お互いを際立たせる色の組み合わせを考えながら、色をのせて刷っていきます。


色鮮やかな、それぞれの世界ができあがりました!!

***

造形活動の後は、本年度2回目の親子鑑賞教室。


「どんなものをみつけた?」「どんなことを感じた?」など、おうちの人とお話ししながら作品をたのしんでみてね、というレクチャーの後、菱田春草記念室で《菊慈童》を親子で鑑賞しました。


「大きな作品だね」「秋でちょっと寒そう」「上の方はどうやってかいているんだろう」「どうして一人なんだろう」と、親子で話をしながらじっくり作品を鑑賞することができました。

(美術部門:菱田春草記念室担当)

10月22.23日■追手町小学校化石標本室

イベント

長谷川善和博士(飯田市千代出身)が収集した化石や骨格標本を展示しています。地元伊那産の化石の他に、世界の化石を見ることができます。

日時:2022年10月22日(土)、23日(日)午前10時~午後4時
会場:追手町小学校化石標本室(追手町小学校西側道路より入室)

申し込み不要、観覧無料です。開室中はいつでもご覧いただけます。

10月22日■プラネタリウム特別投影「星座と神話を旅する~ペルセウスと秋の星座~」

イベント プラネタリウム

日 時:2022年10月22日(土) 午後3時30分〜4時15分
場 所:プラネタリウム天歩

参加費:小中学生50円、高校生150円、一般250円
(就学前のお子さんが座席ご利用の場合は小中学生料金が必要です。)

定 員:30名 (当日受付・先着順)

 

「秋の宝石箱」ペルセウス座を中心に、秋の星座にまつわるギリシャ神話を紹介します。

10月16日■電子顕微鏡観察教室

イベント

日時:2022年10月16日(日)午前11時~12時、午後2~3時
会場:美術博物館 科学工作室
担当:自然部門学芸員

電子顕微鏡で微の世界をご覧いただけます。
電子顕微鏡公開のほか、伊那谷の自然に関する相談などにも応じています。

*申込み不要。
*参加には展示観覧券が必要です。

10月15日■文化講座「結構なる城地ー堀家飯田藩と城下町飯田ー」(要申込)

講座 トップニュース

 

講師:吉田伸之(飯田市歴史研究所所長/東京大学名誉教授)

日時:2022年10月15日(日)午後1時30分〜3時
会場:美術博物館 2階 講堂

定員:50名(申込先着順)
申込:10月1日(土)午前9時30分から電話(0265−22−8118)で受付。
*聴講は無料です。

【内容】
1672年の堀家による飯田藩の継承から、享保年間(1716-36)頃までの半世紀を中心に、東海道から信州への入り口の枢要を占める「城地」とされた城下町飯田の特質を、堀親昌の書状にある「結構なる城地」飯田という表現を切り口に、いくつかのポイントから探っていきます。

10月12日■春草講座「第2講 菱田春草と飯田町」(要申込)

講座 トップニュース

講師:小島 淳(美術博物館学芸員)

日時:2022年10月12日(水)午後6時30分〜8時
会場:美術博物館講堂
定員:30名(申込先着順)
申込:9月28日9:30〜電話で受付(0265−22−8118)

【内容】
本年度の春草講座は、開催中の菱田春草常設展示にまつわるトピックを紹介します。第2講は常設展示第38期「故郷の足跡」から。飯田と関連する春草の作品や資料類を紹介します。

10月8.9.10日■追手町小学校化石標本室

イベント

長谷川善和博士(飯田市千代出身)が収集した化石や骨格標本を展示しています。地元伊那産の化石の他に、世界の化石を見ることができます。

日時:2022年10月8日(土)、9日(日)、10日(月祝)午前10時~午後4時
会場:追手町小学校化石標本室(追手町小学校西側道路より入室)

申し込み不要、観覧無料です。開室中はいつでもご覧いただけます。

10月8日■自然講座「イワツバメについての3つの謎」(要申込)

講座 トップニュース


講師:西 教生さん
(都留文科大学非常勤講師)

日時:2022年10月8日(土)午後1時30分〜3時
会場:美術博物館講堂
定員:対面30名、オンライン90名(それぞれ申込先着順)
申込:
<対面>9月24日9:30〜電話で受付(0265-22-81198)
<オンライン>
 オンライン受講申込


上記申込リンクもしくはQRコードから申込フォームに入り、お申込み下さい。

【内容】
イワツバメは身近に見られる鳥ですが、同じツバメ科のツバメに比べるとあまり調査がされていません。調査からわかってきた生態や行動の中で、とても気になっている3つの謎について紹介したいと思います。

チラシPDF⇒221008自然講座

10月2日■電子顕微鏡観察教室

イベント

日時:2022年10月2日(日)午後2~3時
会場:美術博物館 科学工作室
担当:村松 武(地質担当)

電子顕微鏡で微の世界をご覧いただけます。
電子顕微鏡公開のほか、伊那谷の自然に関する相談などにも応じています。

*申込み不要。
*参加には展示観覧券が必要です。

続きを読み込む

これ以上は投稿がありません