【春草展示第35期】ミニ解説④春草は何を参考にしていた?


菱田春草記念室
 第35期展示

墨の情趣-春草の水墨表現-

の展示を、テーマを設けて数回にわたってお伝えしています。

これまでの内容は下のリンクからご覧いただけます。
第1回目【春草展示第35期】ミニ解説①墨の情趣
第2回目【春草展示第35期】ミニ解説②朦朧体期の水墨表現
第3回目【春草展示第35期】ミニ解説③クローズアップ!高士訪友図

ここまでは、主要な展示作品の紹介をしてきました。
今回からは、資料に注目していきたいと思います。第4回目のテーマは、春草の資料類から、春草が制作の参考資料としてみていたものを紹介します。

春草の資料類の中には、模写や写生、印刷物の切り抜きなどを貼りこみ、綴じた冊子がいくつか残っています。貼り交ぜ帳、すなわちスクラップブックです。丁寧な線の古画模写、繊細な観察眼がうかがえる動植物写生、装束を描く参考にしたと考えられる写真や、同時代の仲間たちの作品の部分図など。春草の制作のための準備や、関心を持っていたものなど、リアルな部分が垣間見ることができます。

さて、今回の展示では、そんな貼り交ぜ帳から、ある1ページをご紹介しています。それはドーンと大きな山水図の切り抜きが貼ってあるページ。これは何の作品で、春草は何処から切り抜いたのか…?と典拠が気になります。

画像のサイズからして、明治22年から現在まで刊行されている美術雑誌『國華』のサイズ感、雰囲気じゃないかしら?となり、調べた結果『國華』第102号(明治31年3月)掲載の雪舟落款《山水図》の切り抜きであることがほぼほぼ確定となりました。

今回の展示では、春草の貼り交ぜ帳と、國華102号を両方とも展示しています。せっかくなのでと展示作業中にぴったり隣にならべてみました。


左:春草の貼り交ぜ帳 右:國華102号

印刷の個体差、日焼け等による違いはありますが、ほぼ一致!
春草が同時代の美術史研究の雑誌を読んでいた、ということが分かります。

そして、この切り抜きは、ただ切り抜きとして取っておかれていただけではありません。これを典拠にしたと考えられる本制作も残っています。

《高士望岳》(明治35年1月、広島県立美術館蔵)がその作品であると確実視されています。(昨秋に当館で開催した春草の特別展の際にお借りした作品です!)これは、日本美術院第12回絵画研究会(第二期)、課題「荘重」に対して「山嶺に楼台」の題で出品し、一等賞をうけた作品です。特に中央にそびえる山の形が、切り抜き画像の山とそっくりで、シルエットを参照しながら輪郭線を用いずに描いたと考えられます。墨を基調とした表現、筆致、描き出す雰囲気も、きっと参照したことでしょう。

朦朧体期の春草は、宋代院体画や漢画系の古典様式を典拠とする例が多くみられます。朦朧体というと西洋美術の空間性や写実性を取り入れた画風、とよくいわれますが、同時に古典様式を参照していたことも忘れてはなりません。「西洋的の改良を加へん」としつつ、「日本美術の気韻は何処迄も之を存し置」くべし、とする師・岡倉天心の意向をかなり反映した結果といえます。

この様に資料からも春草の制作に迫ることができます。楽しいですね。

菱田春草記念室 常設展示 第35期 墨の情趣-春草の水墨表現-は7月24日まで。ぜひご覧ください。

(美術部門:加納向日葵)

ブログ