春草展後も、美博で春草作品をお楽しみください!

今秋に開催した菱田春草展は、来館者数が11000人を超え、多くの方に春草の芸術を楽しんでいただくことができました。ご尽力くださった皆様、関心をお寄せくださった皆様、本当にありがとうございました。

飯田市美術博物館では、これからも菱田春草の研究を続けてまいります。また、春草展の際に第1室となっていた部屋は、「菱田春草記念室」という部屋です。通常展示の期間には、当館所蔵の春草作品・資料を中心に、同時代の美術や飯田ゆかりの美術を合わせて、およそ1か月ごとに展示をおこなっております。

 

11月21日からも菱田春草記念室での展示がはじまります。今回は「春草と岩崎新太郎コレクション」です。

展示室の前半は春草の晩秋を感じる作品を中心に、同時代に活動し同じ長野県出身の作家西郷孤月の《初冬の図》も展示します。

後半は、明治時代に旧飯田町で呉服商を営み、有名な蒐集家でもあった 岩崎新太郎 が、当時活躍中の作家たちに依頼して集めたコレクションから、画冊・画帖類を中心に展示します。どれもコレクターの書画に対する愛情がよく伝わってくる小品です。

当時の飯田では京都の美術のほうが好まれていたことや、斬新な朦朧体がまだあまり好まれていなかった背景があり、飯田に帰省した春草が直々に岩崎に頼み込んでようやく描かせてもらうことができた、というコレクション唯一の春草《白衣観音》も。

全館をつかって展示をおこなっている「今」の南信州アートのエネルギー溢れる「現代の創造展」とあわせて、ぜひご覧ください!

 

(美術部門 加納向日葵)

ブログ