1月12日■自然講座「野草と作物と雑草のお話」

トップニュース 講座

s-190112自然講座

講師:伊藤一幸さん(元神戸大学大学院教授)

日時:平成31年1月12日(土) 午後1時30分~3時
会場:美術博物館 講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
人が意識して利用し、栽培する植物が作物。無意識的に作られ、耕地に侵入してくる植物が雑草です。里山などに生育して、育種していない草本性の植物が野草であり、山菜はこれに含まれます。育種された作物は管理がなされないと生育が難しい。これらの種間関係について、具体的な近縁種で説明します。

チラシPDF⇒190112自然講座

1月20日■天文講演会「系外惑星探査最前線」(要予約)

トップニュース プラネタリウム

20190120天文講演会チラシ

講師:日下部 展彦さん(アストロバイオロジーセンター特任専門員 国立天文台光赤外研究部 併任)

系外惑星が発見されて20年以上経ち、いまでは3500以上の系外惑星が発見されています。
様々な惑星が発見される中、地球のような惑星は存在するのかを含め、発見された系外惑星の姿や、今後はどのような探査がすすむのかなどについてご紹介します。
講演会の後、番組「We are ALIENS!−ボクらは宇宙人!−」(約25分)を投影します。

日時:平成31年1月20日(日) 午後1時〜14時30分
場所:飯田市美術博物館プラネタリウム天歩
料金:無料
定員:90人(予約優先、当日空席があれば先着順)
予約:電話又は美術博物館受付にて(電話0265-22-8118)

その他:13時〜、14時30分〜の通常のプラネタリウムの投影はありません。
※このイベントは、プラネタリウム番組「We are ALIENS!−ボクらは宇宙人−」関連企画です。
※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。

チラシPDF⇒190120天文講演会

1月13日〜■期間限定特別投影「オーロラ 生命の輝き」

トップニュース プラネタリウム

201901オーロラ特別投影チラシ

誰もを魅了してやまないオーロラ。
韓国の天体写真家クォン・オーチォル氏による全天周オーロラ動画や、オーロラの神話や歴史、メカニズム、宇宙から眺めるオーロラの絶景などを紹介します。これまでにない美しいオーロラの映像をお楽しみください。

投影日時:平成31年1月13日(日)、1月14日(祝)、1月27日(日)
2月10日(日)、2月17日(日)、2月24日(日) 午後4時~5時

※通常のプラネタリウム番組にかえて投影します。1回の投影は、
星空解説、オリジナル番組とあわせて60分です。

チラシPDF⇒オーロラ番組投影

12月14日■星空観望会「ふたご座流星群観察会」(要申込)

トップニュース プラネタリウム

20181214ふたご座流星群観望会チラシ

ふたご座流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」、8月の「ペルセウス座流星群」と共に「三大流星群」と呼ばれている流星群です。今年は12月14日の21時頃に極大を迎えると予想されています。冬の澄み切った空気の中、みんなで一緒に流星観測をしませんか。

日 時:平成30年12月14日(金) 午後7時〜 自由解散(最終24:00まで)
場 所:(集合・学習)丸山公民館 (観測)県民飯田運動広場(押洞グラウンド)
参加費:無料
定 員:30名
申込み:前日までに美術博物館(0265-22-8118)へお申し込みください。

持ち物:筆記用具、飲み物、雨具、懐中電灯
(必要な方は)敷物、シュラフ、イス、星座早見盤、カメラ、夜食など
その他:小中学生は、保護者同伴で参加してください。
寒いので、暖かい格好でお越しください。
雨天・曇天時は中止とします。
中止の場合は、当日18時までに美術博物館ホームページでお知らせします。

※このイベントは、「飯田・宇宙教育」スタンプラリー登録イベントです。

チラシPDF⇒ふたご座流星群観望会チラシ

展示室リニューアル工事に伴う臨時休館について

インフォメーション トップニュース

自然・文化展示室リニューアル工事に伴い、下記の期間、臨時休館いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

期間:平成30年12月10日(月)~平成31年1月3日(木)
休館期間のうちの12/10,17,25,29-31、1/1-3は、通常休館日および年末年始の休館になりますので、電話なども通じません。ご了承お願いいたします。

なお、平成31年1月4日以降も自然・文化展示室につきましては、リニューアルオープンまでの間、閉室といたします。