平成29年度 美博小中学生写真賞 作品展

インフォメーション トップニュース

飯田市美術博物館では、飯田下伊那の小中高校生を対象とした写真賞をおこなっています。本年度は80点の応募作品が集まりました。受賞作品とともに、応募いただいたすべての作品を美術博物館ロビーで展示します。

期間:平成30年1月13日(土)~2月12日(月・祝)
場所:美術博物館ロビー東側
観覧無料

■受賞作品

<関連イベント>
表彰
日時:平成30年1月20日(土) 午後2時~3時30分

会場:柳田國男館(美術博物館敷地内に併設)

作品展 飯田信用金庫会場(観覧無料)
日時:平成30年2月19日(月)~3月9日(金)
会場:飯田信用金庫本店ロビー

2月4日■平成30年度市民ギャラリー会場使用抽選会

インフォメーション トップニュース

美術博物館では、文化芸術に関する創造活動の発表の場として、飯田下伊那地域に住所を有する個人・団体に館内の市民ギャラリーを貸し出しています。
その使用日を決める抽選会を、以下の日程で開催致します。

日時:平成30年2月4日(日) 受付9:30~ 開始10:00~
会場:当館講堂
問合せ:0265-22-8118

市民ギャラリー利用案内

2月4日■第10回 びはく学芸祭

トップニュース 講座

びはく学芸祭は美博の学芸員・専門研究員および地域の研究団体の皆さんによる研究成果を発表する会です。
今年度は菱田春草記念室の常設展示スタートに合わせ「菱田春草」をメインテーマとしました。

日時:平成30年2月4日(日) 13:30~16:30

会場:美術博物館講堂(口頭発表13:35~14:20:作品鑑賞14:30~14:50)・ロビー(ポスター発表15:00~16:30)

参加無料・申込み不要

<プログラム>(変更になる場合があります) 

<口頭発表> 会場:美術博物館講堂(13:35~14:20)
小島 淳「《鎌倉時代闘牛の図》に描かれたもの -画学生・菱田春草の制作姿勢-」

<作品鑑賞・解説>会場:美術博物館講堂(14:30~14:50)
槇村洋介「未完 黒き猫」

<ポスター発表> 会場:美術博物館ロビー(15:00~16:30)
自然 小泉明裕 「”南信州が海だった頃の“首の長い”イルカ(アロデルフィス類)-初めて見つかった第2頸椎-」
自然 村松 武「赤石山地の放散虫化石~海の中の小さな化石が語ること~」
自然 坂本正夫「南アルプスジオパーク 遠山郷エリアの魅力はどこから来ているのか?」
自然 四方圭一郎・米山富和・金子岳夫「赤石山脈固有種,テカリダケフキバッタの分布を調べる!」
自然 米山富和「かわらんべのカヤ原を利用する多様な鳥」
自然 上河内陽子「自主サークルによる自然体験活動を通してのそのニーズと課題」
自然 吉住千亜紀「全天周映像を利用したVR及び展示への可能性」
美術 手塚俊尚「小中学校と連携した春草鑑賞学習と本館の特色を生かした展示」
美術 槇村洋介「鈴木芙蓉の双龍図」
考古 市澤英利「ここは“神まつりの里”」
考古 吉川金利「下伊那唐草文土器文化圏に於ける曽利系土器の様相その2」
人文 櫻井弘人「新野の雪祭りと門松」
人文 織田顕行「北極星を司る神-飯田下伊那の妙見さま-」
人文 中山京子「飯田城・城下町に関する資料とその分析‐飯田城の解明に挑むその2-」
人文 伊那民俗学研究所「庶民の心を映し出す年中行事ー第1回伊那民俗研究集会からー」
人文 伊那近代思想史研究会「昭和5年12月20日に発生した片桐亮次郎事件を追ってー百十七銀行の株券盗難事件に苦しめられる州平ー」
人文 柳田國男研究会「柳田國男著『明治大正史 世相篇』第五章 街道の人気」

 

2月11日■天文講演会「巨大電波望遠鏡アルマ ~南米チリの高地から宇宙の謎に挑む~」(要申込)

トップニュース プラネタリウム

201802天文講演会チラシ修正2

講師:阪本成一さん(国立天文台チリ観測所所長/教授)

日時:平成30年2月11日(日)午後3時~4時30分
場所:飯田市美術博物館プラネタリウム天歩
定員:90人(予約優先、当日空席があれば先着順)
申込:1月4日から、電話(0265-22-8118)または美術博物館受付にて受付。先着順

【内容】
プラネタリウム番組「見えない光? 宇宙を知る冒険」関連企画

南米チリの標高5,000mの高地に国際協力で建設されたアルマ望遠鏡は、2011年に科学観測を開始してから、様々な成果をあげています。
今回、国立天文台チリ観測所 所長の阪本成一教授をお招きして、アルマ望遠鏡の最新の研究成果やチリでの仕事や生活についてお話いただきます。

*午後2時30からと午後4時からの、通常のプラネタリウムの投影はありません。

PDF⇒180211講演会

1月31日■天文講座宇宙をのぞこう「皆既月食をみよう」(要申込)

トップニュース プラネタリウム

201801観望会チラシ

今晩の満月はいつもとちょっと違う! 太陽と月と地球がつくりだす皆既月食をみんなで観察してみましょう。
※皆既月食はどこでも観察できます。※観察会は皆既の途中で解散します。

日 時:平成30年1月31日(水)午後8時30分 ~10時
場 所:飯田市美術博物館 科学工作室(建物向かって右手の屋上登る階段から部屋へお入りください)、屋上
参加費:無料
申込み:前日までに電話でお申し込みください。
その他:懐中電灯、防寒着をご持参ください。
雨天・曇天の場合は中止。
協 力:飯田御月見天文同好会のみなさん

申込みお問合せ:飯田市美術博物館
〒395-0034 飯田市追手町2-655-7
TEL. 0265-22-8118 FAX. 0265-22-5252

PDF⇒201801観望会チラシ