5月5日■創画会70周年記念展シンポジウム「創画会 長野県ゆかりの会員たち」

トップニュース 講座

s-170505チラシ001

柴田長俊氏(新潟県出身・軽井沢町在住)/三木 登氏(須坂市出身・愛知県豊橋市在住/牧野一泉氏(佐久市出身・静岡県裾野市在住/宮島弘道氏(飯田市出身・東京都東大和市在住)

日時:平成29年5月5日(金・祝) 午後1時30分~3時30分
会場:飯田市美術博物館講堂
聴講無料・申込み不要

現在創画会に所属する長野県出身および在住の4人の会員の方々に、それぞれの創画会との縁や、造形についてお話しいただきます。

4月18日~5月14日■ロビー展示「パレオパラドキシア -1800万年前の伊那谷にいた海獣-」

インフォメーション トップニュース

s-170418パレオ展示状況21s

会期:平成29年4月18日(火)~5月14日(日)
会場:飯田市美術博物館 ロビー西側
観覧料:常設展示観覧料必要(大人150円/高校生100円/小中学生50円)

【内容】
昨年秋、阿南町の富草層群から見つかった海生ほ乳類パレオパラドキシアの頭骨化石を初公開します。この標本は、当館学芸員が発見し、新聞紙上でも話題となりました。
あわせて、パレオパラドキシアの生体モデルを展示します。これも南信地域初公開です。パレオパラドキシアの生体モデルと、デスモスチルス、チョウザメやイルカなどの富草層群から一緒に出てくる化石を合せ見て、パレオパラドキシアが泳いでいた太古の南信州の海の様子を思い描いてみましょう!

平成29年度子ども美術学校参加者募集

インフォメーション トップニュース

s-DSCN0601

飯田・下伊那の小学校3年生~6年生を対象とした絵画・工作の講座です。

<募集期間>
平成29年4月11日(火)~4月28日(金)[必着]

<参加条件>
飯田・下伊那の小学校3年生~6年生で、全8回を可能な限り出席できること。

<定員>
84人(3クラス)
応募人数が定員を超えた場合は、抽選いたします。抽選に漏れた場合、受講できないことがあります。

<受講料>
年間一人1000円(画材、材料などの購入費用)

<申込み方法>
住所・保護者氏名・児童氏名(ふりがな)(性別)・学校名・学年・電話番号・緊急連絡用の携帯番号をご記入の上はがきでお申込みください。希望のクラスがある場合には、ABCの希望クラスをお書きください。

<申込み先>
〒395-0034 飯田市追手町2丁目655-7 飯田市美術博物館 子ども美術学校 係宛

<開校日時>
5月~12月の各月1回。 何れも午後1時から4時まで。全8回。

<開講日>
【A組】①5月21日(日) ②6月18日(日) ③7月8日(土) ④8月12日(土) ⑤9月9日(土) ⑥10月7日(土) ⑦11月4日(土) ⑧12月9日(土)
【B組】①5月27日(土) ②6月24日(土) ③7月22日(土) ④8月26日(土) ⑤9月10日(日) ⑥10月8日(日) ⑦11月5日(日) ⑧12月10日(日)
【C組】①5月28日(日) ②6月25日(日) ③7月23日(日) ④8月27日(日) ⑤9月23日(土) ⑥10月28日(土) ⑦11月25日(土) ⑧12月17日(日)

<入学通知>
クラス名等入学のご案内を5月10日付けで発送します。

<講座内容>
(1)学校ではあまり経験しない表現材料や技法を使って表現します。
(2)美術館に展示している作品の鑑賞もします。
(3)制作した全作品の展覧会を開催します。
展覧会日時:平成30年1月25日(木)~2月12日(月) 会場:市民ギャラリー

<指導>
手塚俊尚(美術博物館専門研究員)

<問合せ>
美術博物館 電話0265-22-8118

4月30日■創画会70周年記念シンポジウム「創造美術から創画会へ 造形の歩み」

トップニュース 講座

s-170430チラシ002

鼎談 

西久松吉雄さん(創画会会員)×武田州左さん(創画会会員)×滝沢具幸(飯田市美術博物館館長・創画会副理事長)

日時:平成29年4月30日(日) 午後1時30分~3時30分
会場:飯田市美術博物館 講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
創画会が戦後の日本画団で残してきた足跡と、現代の創画会の造形について、二人の会員と美術博物館館長の三方にお話をうかがいます。

*当初予定しておりました上村淳之理事長は、入院加療のためご登壇いただけないことになりました。悪しからずご了承お願い致します。