6月25日■文化講座「路傍におわす野の神々 ー南信州の双代道祖神ー」

講座

20170625歴史文化講座チラシ
講師:岡田正彦さん(南信州文化財の会・当館評議員)

日時:平成29年6月25日(日) 午後1時30分~3時30分
会場:美術博物館 講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
信州(飯田下伊那)には25000基の石像文化財(墓石を除く)が存在します。多くは江戸時代の明和年間以降、庶民信仰が盛んになる中で造られました。特に道祖神が多く、そのうち双代道祖神は安曇野地方が有名ですが、当地方でも62基の双代道祖神が知られています。
今回の講座では、最初に、南信州の代表的な石像文化財を取り上げ、その特徴を概説します。ついで、当地方の双代道祖神について、地区別の分布、その形態、製作年代等々の実態について、歴史考古学の立場から紹介します。

チラシPDF→歴史文化講座

6月24日■自然講座「中部日本で初めて見つかった古代の大陸塊」

講座

170624地質講座
講師:坂本正夫(美術博物館専門研究員)

日時:平成29年6月24日(土) 午後1時30分~3時
会場:美術博物館 講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
日本列島では異質の、およそ4 億年から2 億年前の古代大陸だった岩体が、九州から千葉にかけて点在しています。ところが、中部日本だけ見つかっていませんでした。
このたび、遠山郷にそのレンズ岩体群が発見されました。どんな変わった岩体なのでしょうか。

チラシPDF→自然地質講座

6月11日■日夏耿之介ゆかりの地を訪ねて

イベント 講座

講師:織田顕行(当館学芸員)

日時:平成29年6月11日(日) 午前9時30分~12時
集合場所:美術博物館 日夏耿之介記念館前
※当日は臨時休館日ですのでお車でお越しの際は第三駐車場(敷地のいちばん奥)をご利用ください。

申込締切:6月10(土)午後5時
申込方法:お電話(0265-22-8118)でお申し込み下さい。
そのさい、氏名、住所、お電話番号をお願い致します。

チラシPDF→20170611日夏ゆかりの地

5月28日■文化講座「民具の俗信 ー吉凶をめぐる心意伝承ー」

トップニュース 講座

29年 常光徹講演会のご案内

講師:常光 徹さん(国立民族博物館名誉教授)

日時:平成29年5月28日(日) 午後1時30分~3時30分
会場:美術博物館講堂
聴講無料・申込不要

【内容】暮らしのなかで使用してきた民具には、実用的なだけでなく、 信仰や儀礼と結びついた言い伝えが残っています。民具に隠された意識を探ります。
講座後、伊那民俗学研究所の会員発表もありますので、あわせてお聴きください。

チラシPDF→美博文化講座

5月27日■天文講座「木星に迫る!」(要申込)

トップニュース プラネタリウム 講座

201705観望会チラシ

講師:奥村 茂実さん(飯田御月見天文同好会) 吉住 千亜紀(当館専門研究員)ほか

日時:平成29年5月27日(土) 午後7時~9時
会場:美術博物館科学工作室(建物向かって右手(西側)の屋上階段を上り直接入室して下さい)
申込方法:5月26日午後5時までに電話(0265-22-8118)で申し込んで下さい。

【内容】
2017年度第1回の天文講座のテーマは、春の星座と見頃の木星。
また緊急企画として、この春「隕石落下?」と話題になった、つがる市のニュースに関連して、流星や火球についてもご紹介します。
室内でのお話と屋上での観察会をセットにした講座です。雨天・曇天の場合は室内でのお話のみ実施します。

※懐中電灯をご持参ください。
※小学生以下の皆さんは、保護者と一緒にご参加下さい。

チラシPDF→観望会チラシ

5月5日■創画会70周年記念展シンポジウム「創画会 長野県ゆかりの会員たち」

講座

s-170505チラシ001

柴田長俊氏(新潟県出身・軽井沢町在住)/三木 登氏(須坂市出身・愛知県豊橋市在住/牧野一泉氏(佐久市出身・静岡県裾野市在住/宮島弘道氏(飯田市出身・東京都東大和市在住)

日時:平成29年5月5日(金・祝) 午後1時30分~3時30分
会場:飯田市美術博物館講堂
聴講無料・申込み不要

現在創画会に所属する長野県出身および在住の4人の会員の方々に、それぞれの創画会との縁や、造形についてお話しいただきます。

4月30日■創画会70周年記念シンポジウム「創造美術から創画会へ 造形の歩み」

講座

s-170430チラシ002

鼎談 

西久松吉雄さん(創画会会員)×武田州左さん(創画会会員)×滝沢具幸(飯田市美術博物館館長・創画会副理事長)

日時:平成29年4月30日(日) 午後1時30分~3時30分
会場:飯田市美術博物館 講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
創画会が戦後の日本画団で残してきた足跡と、現代の創画会の造形について、二人の会員と美術博物館館長の三方にお話をうかがいます。

*当初予定しておりました上村淳之理事長は、入院加療のためご登壇いただけないことになりました。悪しからずご了承お願い致します。

4月23日■自然講座「伊那谷の盆地誕生ものがたり」

講座

s-170423伊那谷盆地チラシ(さしかえ分)
講師:松島信幸さん(飯田市美術博物館顧問)

日時:平成29年4月23日(日) 午後1時30分~3時30分
会場:飯田市美術博物館 講堂)
聴講無料・申込み不要

【内容】
伊那盆地は東西に二つのアルプス、南は三河高原に囲まれています。天龍川は諏訪湖から発し、太平洋へ流れ下っています。これら四つの生い立ちには順番があります。その順番を問いただしていく事実や筋書きをお話しします。

PDF伊那谷盆地チラシ

4月16日■伊那谷自然友の会総会記念講演会「ジオパークによる地域社会づくり-糸魚川ジオパークの試行錯誤の歩みから-」

講座

170416自然講演会

講師:竹ノ内 耕さん(フォッサマグナミュージアム学芸員・理学博士)

日時:平成29年4月16日(日) 午後2時~3時30分
会場:飯田市美術博物館 講堂
共同開催:伊那谷自然友の会
聴講無料・申込み不要

【講師からのメッセージ】
糸魚川には世界的な価値があったんだという地域に対する誇りが、地域を少しでも良い方向に変えていこうという地域住民のエネルギーになりました。しかし、その意気込みをどう継続させていくかは課題です。地域の宝を発掘して保全し、それをどう生かしていくのか、地域の人たちが決めていく枠組みがジオパークです。

【ジオパークとは】
■貴重な「地質の宝もの」やその地域の自然・文化をまもり、多くの人に知ってもらい、訪れてもらうことが目的です。
■糸魚川ジオパークは2009年8月に日本で初めて「世界ジオパーク」に認定されました。

チラシPDF→総会講演会チラシ

4月15日■歴史文化講座「飯田大火70周年記念講座・上映会」

講座

170415文化講座チラシ

講師:櫻井弘人(当館学芸員)・中山京子(当館専門研究員)

日時:平成29年4月15日(土) 午後1時30分~3時30分
会場:飯田市美術博物館 講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
13:30~ 講座「飯田を激変させた飯田大火」
上映「飯田大火」(ウイリアムケリー撮影昭和22年10分)
上映「復興飯田市」(昭和29年企画:飯田市制作:新理研映画株式会社12分)

15:00~  報告「大火をくぐり抜けて残る土蔵」
15:35~  プラネタリウム「りんご並木」

チラシPDF→29年人文講座のご案内