4月30日■創画会70周年記念シンポジウム

講座

鼎談
西久松吉雄さん(創画会会員)×武田州左さん(創画会会員)×滝沢具幸(飯田市美術博物館館長・創画会副理事長)

日時:平成29年4月30日(日) 午後1時30分~3時30分
会場:飯田市美術博物館 講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
創画会が戦後の日本画団で残してきた足跡と、現代の創画会の造形について、二人の会員と美術博物館館長の三方にお話をうかがいます。

*当初予定しておりました上村淳之理事長は、入院加療のためご登壇いただけないことになりました。悪しからずご了承お願い致します。

4月23日■自然講座「伊那谷の盆地誕生ものがたり」

講座

講師:松島信幸さん(飯田市美術博物館顧問)

日時:平成29年4月23日(日) 午後1時30分~3時30分
会場:飯田市美術博物館 講堂)
聴講無料・申込み不要

【内容】
伊那盆地は東西に二つのアルプス、南は三河高原に囲まれています。天龍川は諏訪湖から発し、太平洋へ流れ下っています。これら四つの生い立ちには順番があります。その順番を問いただしていく事実や筋書きをお話しします。

4月16日■伊那谷自然友の会総会記念講演会「ジオパークによる地域社会づくり-糸魚川ジオパークの試行錯誤の歩みから-」

トップニュース 講座

170416自然講演会

講師:竹ノ内 耕さん(フォッサマグナミュージアム学芸員・理学博士)

日時:平成29年4月16日(日) 午後2時~3時30分
会場:飯田市美術博物館 講堂
共同開催:伊那谷自然友の会
聴講無料・申込み不要

【講師からのメッセージ】
糸魚川には世界的な価値があったんだという地域に対する誇りが、地域を少しでも良い方向に変えていこうという地域住民のエネルギーになりました。しかし、その意気込みをどう継続させていくかは課題です。地域の宝を発掘して保全し、それをどう生かしていくのか、地域の人たちが決めていく枠組みがジオパークです。

【ジオパークとは】
■貴重な「地質の宝もの」やその地域の自然・文化をまもり、多くの人に知ってもらい、訪れてもらうことが目的です。
■糸魚川ジオパークは2009年8月に日本で初めて「世界ジオパーク」に認定されました。

チラシPDF→総会講演会チラシ

4月15日■歴史文化講座「飯田大火70周年記念講座・上映会」

トップニュース 講座

170415文化講座チラシ

講師:櫻井弘人(当館学芸員)・中山京子(当館専門研究員)

日時:平成29年4月15日(土) 午後1時30分~3時30分
会場:飯田市美術博物館 講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
13:30~ 講座「飯田を激変させた飯田大火」
上映「飯田大火」(ウイリアムケリー撮影昭和22年10分)
上映「復興飯田市」(昭和29年企画:飯田市制作:新理研映画株式会社12分)

15:00~  報告「大火をくぐり抜けて残る土蔵」
15:35~  プラネタリウム「りんご並木」

チラシPDF→29年人文講座のご案内

4月7日■創画会70周年記念展展示解説(年間パスポート会員限定)

講座

日時:平成29年4月7日(金) 午後6時30分~8時
会場:美術博物館展示室
案内:槇村洋介(飯田市美術博物館学芸員)

参加には、年間パスポート会員(シングルプラス、ファミリー結い)*になっていただいていることが必要です。当日入会も可能です。

*年間パスポートシングルの方はご参加いただけません。

3月25日■信濃の歴史講座

トップニュース 講座

「山をめぐる信仰とその造形 -“権現”像の謎にせまる-」
日   時: 平成29年3月25日(土) 午後1時30分~3時00分
講   師: 織田 顕行 (本館学芸員)
会   場: 飯田市美術博物館講堂
聴   講: 無料 事前申込み不要
※今回の講座は、講師急病のため中止した講座(平成29年2月25日開講予定分)を、日程変更して行うものです。

3月12日■信濃の歴史講座

講座

①「ウェストンが見た信州-紀行文から信州の生活誌を探る-」
講師 小野和英 氏(長野県立歴史館専門主事)

②「飯田のシンボル風越山とその信仰」
講師 櫻井弘人(当館学芸員)

日 時:平成29年3月12日(日) 午後1時30分~3時45分

会 場: 飯田市美術博物館科学工作室
定 員: 40人(聴講無料・事前申し込み不要)

【内容】
長野県立歴史館と連携して開催する連続講座です。今年度は「山と信州のあゆみ」をテーマに、山とともに歩んできた信州の歴史や文化について、それぞれの専門の立場からわかりやすくご紹介します。なお1回の講座は1時間程度です。連続講座ではありますが、関心のあるお話のみ聴講いただくのも歓迎です。

3月4-5日■滝沢具幸館長による「日本画ワークショップ」(要申込)

講座

日本画講座

日本画初心者から経験者まで、題材は風景、人物、静物等自由、箔を使った表現も含め、個々のレベルにあった1日半の日本画制作のワークショップです。

講 師 滝沢具幸(日本画家 創画会会員、美術博物館館長)

日時:平成29年3月4日(土)13:30-1640 ・5日(日)9:40-16:40
会場:飯田市美術博物館 科学工作室
対象:日本画初心者から経験者
定員:20名程度(定員をこえた場合抽選)
参加費:2,000円(創画会70周年記念展チケット進呈)
持ち物:スケッチや下図等 ・麻紙ボードか麻紙を貼ったパネル・画用木炭 ・チャコペーパー ・新聞紙5~6枚 ・日本画道具一式(絵具、胡粉、絵具皿、筆洗、刷毛、筆、膠)・(箔を使いたい場合)箔10枚程度 ・あかし紙 ・バレン ・植物性ポマード・箔ばし・シッカロール
*用紙・筆・絵の具などの当日販売もあります。

申込締切:平成29年2月19日(日)必着
申込方法:日本画ワークショップ受講希望と明記のうえ,住所、氏名、電話番号、日本画経験の程度を書き添えて、必ず郵便はがきかFAX(0265-22-5252)でお申し込み下さい。
電話での受付は致しませんのでご了承ください。

申込み先:〒395-0034 飯田市追手町2-655-7 飯田市美術博物館 日本画ワークショップ係
FAX:0265-22-5252

チラシPDF→日本画WSのチラシ

2月25日■信濃の歴史講座

講座

①「描かれた「日本アルプス」-青木雪卿と丸山晩霞の作品から-」
 講師 林 誠 氏(長野県立歴史館学芸員)

②「山をめぐる信仰とその造形 ―“権現”像の謎にせまる―」*

日 時:平成29年2月25日(土) 午後1時30分~3時45分
会 場: 飯田市美術博物館科学工作室
定 員: 40人(聴講無料・事前申し込み不要)

【内容】
長野県立歴史館と連携して開催する連続講座です。今年度は「山と信州のあゆみ」をテーマに、山とともに歩んできた信州の歴史や文化について、それぞれの専門の立場からわかりやすくご紹介します。なお1回の講座は1時間程度です。連続講座ではありますが、関心のあるお話のみ聴講いただくのも歓迎です。

*講師都合のため、②の講座は中止となりました。悪しからずご了承ください。