3月25日■ドーム映像オリジナル番組「風越山」新作発表会

プラネタリウム

講師:尾久土 正己さん(和歌山大学教授・大阪芸術大学客員教授)
赤木 正和さん(カメラマン・大阪芸術大学准教授)
織田 顕行(当館学芸員)

新番組「風越山」ができました!
新作「風越山」の発表と、風越山の歴史や最新のドーム映像についての講演など、盛りだくさんの内容でおとどけします。

日時:平成30年3月25日(日) 午後1時30分~3時30分*
会場:美術博物館プラネタリウム天歩
定員;90席(先着順)
参加無料ですが、整理券が必要です。当日午後1時より、整理券を当館受付で配布します。

 *3月25日は13:00の回、14:30の回の通常投影はございません

3月25日■追手町小学校化石標本室公開とワークショップ

イベント

日時:平成30年3月25日(日) 午前10時~午後4時
会場:追手町小学校化石標本室(追手町小学校西側道路より入室)

<展示観覧>
無料、開室中はいつでもご覧いただけます。

<化石発掘体験ワークショップ>
開室中に随時受け付けます。希望者が集中した場合はお待ち頂くことがございます。
参加費:100円(1回)

3月18日■県立歴史館との連携講座「日本人の心に生きる『河童』 -水と人との関係史-」

講座

講師:溝口俊一さん(長野県立歴史館専門主事)

日時:平成30年3月18日(日)午後1時30分~3時
会場:美術博物館講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
水と人との接点である水辺に暮らす河童は、互いの世界を行き来し、関係を取り持ってきた存在と言えます。天竜川流域に残る伝承など、各時代における河童の姿をもとに、人びとの水への意識の変化を考えます。

3月17日■第22回伊那谷自然史発表会

イベント

日時:平成30年3月17日(土) 午後1時30分~4時30分
会場:美術博物館講堂
共催:伊那谷自然友の会
参加無料・申込み不要

【内容】
伊那谷の自然について調べたり・見つけたり・体験したことなどを交流し合う場です。
今回は特別企画として「野山で見つけた宝物」を行います。
皆さんの御自慢の一品、思い出に残るもの、みんなに見せたいあなたの宝物をお持ち下さい。

具体的な内容は、決まり次第このページにアップします。
お気軽にご参加ください。

3月11日■プラネタリウム特別投影「東日本大震災~あの日を忘れない~」

トップニュース プラネタリウム

2011年3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震と津波は、これまでに経験したことのないような大きな被害をもたらしました。それ以降も豪雨、台風、地震、火山噴火と様々な自然災害が起こっています。それでも時間がたつにつれ記憶は薄れ、災害への備えも怠りがちになり
ます。プラネタリウム天歩が防災について考えるきっかけになればと思います。

【投影番組】
〇岩手県南部被災地の記録(約10分)
〇プラネタリウム特別番組 「星空とともに」(約40分)
仙台市天文台が制作した、被災した方々の声(新聞の投書ほか)を集めた番組です。

日時:平成30年3月11日(日)午後4時~5時*
会場:美術博物館プラネタリウム天歩
定員:90席(先着順)
観覧は無料ですが、整理券(当日配布)が必要です。

*3月11日は午後4時の回の通常投影はございません

3月3・4日■ワークショップ「日本画の基礎と表現技法」(要申込)

トップニュース 講座

日本画WS

講師:滝沢具幸(美術博物館館長、日本画家)

日時:平成30年3月3日(土)午後1時30分~4時40分/4日(日)午前9時40分~午後4時40分
会場:美術博物館科学工作室
定員:20名(定員を超えた場合は抽選)
参加費:2000円(材料費別途必要)春草常設展示観覧チケット付
持ち物:スケッチや下絵、麻紙ボードか麻紙を貼ったパネル、画用木炭、チャコペーパー、新聞紙5~6枚、日本画道具一式(絵具、胡粉、絵具皿、筆洗、刷毛、筆、膠)【箔を使いたい場合】箔10枚程度、あかし紙、バレン、植物性ポマード、箔ばし、シッカロール

申込締切:平成30年2月21日(水)
申込方法:ハガキもしくはFAXに、「日本画ワークショップ受講希望」と明記のうえ、住所、氏名、電話番号、日本画の経験の程度を書いてご応募ください。

申込先:〒395-0034 飯田市追手町2-655-7 飯田市美術博物館
FAX 0265-22-5252

PDF⇒日本画の基礎と表現技法チラシ

2月25日■プラネタリウムまつり

トップニュース プラネタリウム

20180225プラネタリウムまつり

PDF⇒2018プラネタリウムまつり

日頃プラネタリウム天歩を支えてくださっている皆さまに 感謝して、プラネタリウムまつりを開催します。 ぜひお出かけ下さい。

日時:平成30年2月25日(日) 午前10時~午後5時
会場:美術博物館プラネタリウム天歩
観覧は無料ですが観覧券が必要です。観覧券は下記のとおり配布いたします。

※観覧券 各回90枚 9:30から2階 科学工作室にて配布
※一度に受け取れる観覧券は、並ばれた方お一人につき3枚 までです。 ( 座席をご利用されない乳幼児の方は観覧券をお受け取りに なれません )

<プログラム>
①10:00~ かいけつゾロリ 宇宙たんけん大さくせん
②10:50~ 2017 皆既日食ダイジェスト(生解説)
③11:40~ 毎日いつでも宇宙旅行
④12:30~ かいけつゾロリ 宇宙たんけん大さくせん
⑤13:20~ 江戸時代の星座 ~中国星図の世界~
⑥14:10~ 宇宙への旅
⑦15:00~ かいけつゾロリ 宇宙たんけん大さくせん
⑧15:50~ 2017 皆既日食ダイジェスト(生解説)
⑨16:35~ 地球の風景

 

 

2月24-25日■「現代の創造展」ギャラリートーク

イベント

日時:平成30年2月24日(土)・25日(日) 午後1時30分~2時50分
集合:美術博物館ロビー
申し込みは不要ですが、参加には展示観覧券が必要です。

【内容】
2月18日にオープンする「現代の創造展」には、日本画、洋画、版画、彫刻、工芸、書、コンテンポラリーの7部門161人の力作が展示されます。

展示室をまわりながら、各部門より数名の作品者が自作について語ります。興味ある方は、美博ロビーにお集まりください。

ギャラリートーク作家一覧⇒日程と実施者