2月11日■天文講演会「巨大電波望遠鏡アルマ ~南米チリの高地から宇宙の謎に挑む~」(要申込)

201802天文講演会チラシ修正2

講師:阪本成一さん(国立天文台チリ観測所所長/教授)

日時:平成30年2月11日(日)午後3時~4時30分
場所:飯田市美術博物館プラネタリウム天歩
定員:90人(予約優先、当日空席があれば先着順)
申込:1月4日から、電話(0265-22-8118)または美術博物館受付にて受付。先着順

【内容】
プラネタリウム番組「見えない光? 宇宙を知る冒険」関連企画

南米チリの標高5,000mの高地に国際協力で建設されたアルマ望遠鏡は、2011年に科学観測を開始してから、様々な成果をあげています。
今回、国立天文台チリ観測所 所長の阪本成一教授をお招きして、アルマ望遠鏡の最新の研究成果やチリでの仕事や生活についてお話いただきます。

*午後2時30からと午後4時からの、通常のプラネタリウムの投影はありません。

PDF⇒180211講演会

トップニュース プラネタリウム