6月25日■文化講座「路傍におわす野の神々 ー南信州の双代道祖神ー」

20170625歴史文化講座チラシ
講師:岡田正彦さん(南信州文化財の会・当館評議員)

日時:平成29年6月25日(日) 午後1時30分~3時30分
会場:美術博物館 講堂
聴講無料・申込み不要

【内容】
信州(飯田下伊那)には25000基の石像文化財(墓石を除く)が存在します。多くは江戸時代の明和年間以降、庶民信仰が盛んになる中で造られました。特に道祖神が多く、そのうち双代道祖神は安曇野地方が有名ですが、当地方でも62基の双代道祖神が知られています。
今回の講座では、最初に、南信州の代表的な石像文化財を取り上げ、その特徴を概説します。ついで、当地方の双代道祖神について、地区別の分布、その形態、製作年代等々の実態について、歴史考古学の立場から紹介します。

チラシPDF→歴史文化講座

講座